戸塚区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

区内中学生軟式野球チーム 設立5年目で全国へ 東日本大会を初優勝

スポーツ

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
大会に向け肩を組むチームメンバー
大会に向け肩を組むチームメンバー

 戸塚区の中学生軟式野球チーム「横浜メビウスベースボールクラブ」が3月20日、第21回全国中学生軟式野球大会に初出場する。同チームは設立5年目にして昨年末の東日本大会で初優勝を飾るなど大きく躍動。常盤哲哉監督は「優勝を狙うのは当然だが、それ以上に悔いのないように戦ってほしい」と話す。

 横浜メビウスベースボールクラブは戸塚小学校をホームにする少年野球チーム「戸塚ACFホークス」の中学生軟式野球チーム。「子どもたちがいつまでも野球を好きで続けてほしい」という思いで2015年3月に発足された。現在は1・2年生男女16人が所属し、毎週末に東俣野中央公園運動広場などで汗を流している。

 全国大会は(一社)少年軟式野球国際交流協会が主催。昨年末に行われた東日本大会の優勝チームや関東リーグ代表チーム、各県代表など全16チームがトーナメントで優勝の座を競い合う。

チーム力が武器

 同チームは設立当初からレギュラーなどの区別なく全員が平等に練習ができる環境を整えるなど「子どもが楽しむ」ための考えを徹底する。全員が試合に出るシステムや8人のピッチャーがいるチーム編成にもそれが表れ、結果的にチーム力の高さにも繋がっている。

 こうした姿勢が結実したのが昨年末行われた第35回秋季東日本中学生軟式野球大会だ。東日本の各県代表の19チームが争うなか順当に駒を進め、迎えた決勝戦。盛岡市立上田中学校を相手に6対0の大差をつけて初優勝を飾った。2年の古川敬寛主将は「ピッチャー、打線ともによいだけではなく粘り強く戦えた」と振り返る。常盤監督は「チーム一丸となり、精神的にも成長した結果。子どもたちそれぞれの自信ややる気にも繋がっている」と語った。

 現在チームは全国大会に向け練習を重ねる。古川主将は「気負わずに一戦一戦丁寧に粘り強く戦っていきたい」と意気込みを語った。大会は3月20日、千葉県などで開幕。初戦の相手は新潟県代表のKNクラブと。午前11時にプレーオフ。
 

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

戸塚の魅力 発信に一役

地元アーティスト

戸塚の魅力 発信に一役 文化

区商連とMV撮影

2月20日号

つるし飾り祭り、10年で幕

平戸町地域団体

つるし飾り祭り、10年で幕 文化

メンバー高齢化のため

2月20日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

新型車両を導入

小雀地区乗合バス

新型車両を導入 社会

継続のため、活用促す

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

一部区間、駐停車禁止に

戸塚駅西口

一部区間、駐停車禁止に 社会

区らが24日から社会実験

2月6日号

2/19家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

平成横浜病院リハビリ健康教室

2月29日(土)体力測定で自分の体の状態確認

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク