戸塚区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める 落合 嘉弘さん 茅ヶ崎市在住 72歳

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

子どもに寄り添い続ける

 ○…とつか区民活動センターで週3回、不登校生への学習支援などを10年間にわたり行っている。通塾するのは小学生から高校生。ボランティアとともにマンツーマンで接している。「私たちは子どもに『居場所』の提供をしたい。ここで心のエネルギーの充電をしてもらえたら」。温もりを含んだ声が耳に残る。

 ○…神奈川県の教諭を定年退職後、活動をスタート。発端は三十代の頃。遅刻を繰り返す生徒に胸の内を聞く「寄り添い」をした結果、劇的に改善した。「横浜市立大の小児精神科医から教わった手法でした」。しかし時代の流れとともに学校の人員削減が進み、子どもと向き合う時間が取りづらくなる。「定年後、多様な状況で苦しむ子どもたちを支援したかった」。教え子たちに考えを話したところ、「手伝うよ」と声があがり、塾名も「私のあだ名『おっちー』から決められて」と目を細める。

 ○…横浜市出身。保育園児の頃、登園拒否になったことも。「周囲を手こずらせるタイプでした」。小学校1年生の時、担任に絵を褒められ、自分に自信を持てるように。この経験が大きかったという。大学卒業後、横浜市の中学校教諭になり、その後より専門性の高い指導ができる高校教諭の道を歩んできた。「大切にしてきたのは型にはめる教育でなく、子どもの自発的な変化を促すこと」。現在と地続きになっている。

 ○…不登校児の親の会も開く。「苦しみを共有できれば笑顔になる。保護者を地域から孤立させてはいけない」。昨年から塾長職は後進に譲り、自身は顧問として見守る立場だ。「これからは旅行もしたい。世界中にいる教え子を訪ねるのも楽しみ」。磨き上げてきた包容力と洞察力を随所に垣間見せた。

戸塚区版の人物風土記最新6

安部 力(ちから)さん

戸塚区社会福祉協議会の事務局長に就任した

安部 力(ちから)さん

東京都在住 55歳

5月21日号

新井 鷗子さん

横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

小山 晃伸さん

戸塚警察署長に就任した

小山 晃伸さん

矢部町在住 56歳

4月16日号

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク