戸塚区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

児童書作家として活躍する 今井 福子さん 深谷町在住 69歳

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

「死があるから生は輝く」 

 ○…「ほとんどの作品で『死』の描写があります」。重いテーマだが口調は決して暗さを感じさせない。「『死』を身近に感じることで、生きる素晴らしさを知り、毎日を悔いなく過ごしてほしい」と前向きに語る。幼い頃に父から言われた「きょうすべきことはあすに伸ばすな」という言葉が、”日々を大切にしたい”という思いにつながったという。その信念を込めて書いた本は11冊に及び、県の推薦図書に2度選ばれている。

 ○…物語を書くようになったきっかけは小さなことだった。夫の仕事で尼崎にいた際に見つけた、「たった1つの童話を作りませんか」と謳った公民館の無料講座。自分の娘と息子に思いを伝えるために書いた話は思いのほか周りからも好評で、その後は家事育児に仕事と忙しい中で時間を見つけて執筆を続けてきた。「書くときは自分の感性が一番大切」と語り、子育てや日常で得た教訓を作品に織り交ぜることも多いという。

 ○…浅草で生まれ、6人兄弟の末っ子として育つ。劇団に所属した経験もあり、若い頃は舞台俳優を目指していた。2人の子どもには「ご飯をたくさん食べなさい」とだけ教え、「勉強をしろ」とは言わなかったそう。「元気が一番ですよね」とにっこり。17歳の孫とはカラオケや映画館に一緒に行くほど仲が良く、成人して最初に酒を酌み交わす相手として立候補している。

 ○…「ゲームに夢中な子どもの気持ちもよくわかる」とうなずきながらも、「本には人生にプラスになる知識が盛り込まれている。読んでくれたら」と力を込める。最近は児童向けだけでなく、大人や中学生向けの童話も書くそう。遠そうで近い「死」と、近くて尊い「生」を伝えるためきょうもペンを執る。

戸塚区版の人物風土記最新6

金澤 洋さん

名瀬地域ケアプラザでクリスマスコンサートを開く、バイオリンアマチュア奏者

金澤 洋さん

名瀬町在住 80歳

11月12日号

持田 教利(かずのり)さん

区内ジム所属でボディビル県大会で優勝した

持田 教利(かずのり)さん

藤沢市在住 25歳

11月5日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

10月29日号

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク