戸塚区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

戸塚区内を中心に外国人などに向けて学習支援をする「ユッカの会」の代表を務める 中 和子さん 栄区在住 77歳

コミュニティ

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

ともに学び、ともに楽しむ

 ○…戦後75年を迎えた今夏。この間に多くの中国残留孤児・邦人が国内に帰国した。そのような人々の支援のため立ち上がったユッカの会。未来へ力強く伸びる若者の象徴とされる「ユッカの木」からその名が付けられた。「現在はさまざまな国にルーツを持つ人へ支援が広がり、約180人のボランティアと240人の学習者がいます」

 ○…1988年の設立以来、初代代表は自身の残留邦人としての体験を語りながら、同会の活動を広めていた。無理に日本の生活に適応させる風潮があった当時、「ともに学び、ともに楽しむ」をモットーとした代表に感銘を受け活動にのめり込む。「教えから学ぶことはたくさんあり、本当に楽しい日々を過ごしてきました」。2012年に2代目代表に就任し、会として活動の幅を広げることに精を出す。しかし、意外にも同会加入前はあまり積極的ではなかったという。大きな転機となったのが、育児ノイローゼとなった学習者が震えながら真夜中にかけてきた一本の電話。「言語の壁から孤独を感じる人が多い。助けたい一心で仲間とともに行動してきました」

 ○…地域活動も熱心に行い、多忙な日々を送る。その合間を縫って京都に住む娘のもとへ行き、町歩きをしながら息抜きをしているとか。料理をするのも好きで、外国のレシピを教え子から習うのも楽しみの一つとなっている。

 ○…悲願だった、外国人の日本語教育を受ける機会の支援方針が6月に閣議決定された。日本語を全く話せない子どもとの出会いも多く、国や地方団体の協力の必要性を強く感じてきた。「これで学んだことを実践し、文化交流する場としての本来の力を発揮できる」。会として更なる活躍に期待を込める。
 

戸塚区版の人物風土記最新6

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク