戸塚区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める 中原 千晶さん 戸塚町在住 44歳

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

寄り添いで「孤育て」解消へ

 ○…地域子育て支援拠点とっとの芽が主催する、妊婦と産後の母親が対象のウェブイベントの講師を務める。助産師でありながらオンラインを活用する子育て支援のNPO法人理事でもある。当日は産前産後アドバイスをしながら母親同士が交流できる場を提供し、「ウェブだからこそ気軽に参加できるので『全員集合!』という感じでぜひ」と笑みを浮かべる。

 ○…福岡県出身。もともと赤ん坊好き。「小学生の時に病院で助産師さんが好き放題に抱っこしているのを見てから憧れて」。看護師として地元での病院勤務後、都内の助産師学校を経て夢をつかんだが、転機は自身の子育てだった。たとえプロでも赤ん坊を育てるのは初めての経験。頼れる人も身近におらず、思い通りにならないことの連続に「あんなに好きだったのに、かわいく思えなくなっちゃう」。こうしたつらい経験をプラスにとらえ、一人で悩む母親を助けるべく始めたのが、子育て支援だった。

 ○…市の母子訪問員や講師を務めながら区役所多目的スペースで育児相談室も運営し、子育て有名アプリの記事監修など幅広く活躍。コロナ禍を機に学校の同期などと設立したのがNPO法人こもれびroomだ。オンラインを活用し気軽に相談できる体制を整えることで、産後うつにもつながる「弧育て」解消を目指す。「どうしてもママは頑張っちゃう。だからこそ気楽に専門家と話せる場が必要なんです」

 ○…2人の息子を育てる中、息抜きは最近始めたアコースティックギター。「童謡に挑戦中で、NPOでいつか披露できたら」とはにかむ。モットーは「心に寄り添う」。サポートを通じて女性を元気づけ、「虐待ゼロ」と「母子支援が当たり前な社会」を目指したいと明るく語った。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook