栄区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

社会参加章を受章した「湘南ハイツみどり会」の会長を務めている 横瀬 孝子さん 公田町在住 69歳

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

笑顔の裏には会長の覚悟

 ○…湘南ハイツ自治会のシニアクラブとして1981年に誕生した「湘南ハイツみどり会」。同会で初めての女性会長として、約150人の会員をまとめている。同会は長年の活動が評価され、社会参加章を受章した。「楽しくやっていたことが受章につながったのでは。会員みんなのおかげ。感謝しかない」とにこやかに話す。

 ○…入会のきっかけは、以前の会長から誘われたこと。60歳を契機に入会を決めた。副会長などを務めた後、3年ほど前から会長に就任。会員からの「楽しかったよ」「良かったよ」といった声を楽しみに、幅広い活動を展開してきた。思い出の1つが、会長になってから発案したそば打ち。友人から聞いて自分たちでもできるかもと思って取り組んだが、実際にそばが完成すると「うどんみたいなそばだった」と苦笑する。それでもみんなでおいしいと言って食べたことは、今となっては良い思い出。現在では「ここでしかそばは食べない」というほど自慢のそばができるようになり、会員からも人気の活動となっている。

 ○…「自由に塗って作品になる所が楽しい」。趣味として20年以上、漆塗りを楽しんでいる。さまざまなものに漆を塗って作品に仕上げるもので、愛用する名刺入れにも漆が塗られている。また、家庭菜園にも熱心に取り組み、自分の手で育てた大根やサトイモなどを料理して味わう。「ものができることが好きなのかな。失敗も多いけど、まあいいかという気持ち」。みどり会での活動もあわせ、忙しい毎日を送っている。

 ○…みんなで楽しむことを意識する一方で、会長としての覚悟も忘れてはいない。「何かあった時は、私の責任」と真剣な表情を見せ、時には会長として言うべきことはしっかりと言う。「会を引っ張っていくには体力と知力、エネルギーが必要」。会員の笑顔を大切にして、これからもその輪を広げていこうという決意が見てとれた。

栄区版の人物風土記最新6

山手 昭人さん

飯島中学校柔道部で生徒らを指導する

山手 昭人さん

緑区在住 28歳

2月16日号

田中 史生さん

関東学院大学の教授で、このほど「古代歴史文化賞大賞」を受賞した

田中 史生さん

栄区在住 49歳

2月9日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

中区在勤 46歳

2月2日号

大中 捷行さん

荒井沢緑栄塾楽農とんぼの会会長を務める

大中 捷行さん

桂台南在住 75歳

1月26日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

西区藤棚在住 39歳

1月12日号

吉井 盛悟さん

栄公会堂で行われる和太鼓公演に出演する

吉井 盛悟さん

野七里出身 35歳

1月5日号