金沢区・磯子区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

10月10日の山口国体少年男子共通5000m競歩で優勝した 松永 大介さん 横浜高校2年 16歳

失敗バネにつかんだ栄光

 ○…国体という大舞台で、勝負は最後までもつれた。なだれ込むようにして2番目でゴール。優勝は惜しくも逃したかに見えた。ところが、トップで通過した選手が、膝が曲がったとして失格。繰り上がりで1位となった。「嬉しかったけど、せっかくならトップでゴールしたかった」と悔いる。しかし、1位でゴールしたインターハイでは自らが失格で涙をのんだだけに、喜びはひとしおだ。

 ○…小さな頃から走るのが大好き。中学では長距離を選んだ。競歩と出会ったのは、横浜高校陸上部に入った昨年のこと。沖縄インターハイで5位入賞した松井拓矢選手(現・順天堂大陸上部)の背中を見て、競歩を始めることを決めた。憧れの先輩からアドバイスを受けながらの練習。「競技を始めたころは、まさか全国に行くとは思っていませんでした」と振り返る。放課後はもちろん、早朝練習にも励む毎日は、最初は辛かったそう。「それでも、止めたいと思ったことは一度もないです」とまっすぐな目で語る。

 ○…「最後まで勝負がわからないのが面白いですね」。失格で順番が入れ替わることが多い競歩の醍醐味をこう表現する。だからこそ、長い距離をフォームを崩さず走り抜ける我慢強さが欠かせないのだという。今大会は、失格の憂き目を見たインターハイの失敗を教訓にして、フォーム重視で調整を進めた。「順位は二の次。焦らないで5000mを最後まで歩きぬく」―。その確固たる決意が、勝利の女神を引き寄せた。

 ○…自分の強みを問うと、「とくにないと思います」とぽつり。おごらずに競技に取り組む姿勢が垣間見える。今後の目標は、現在21分台の記録を20分台にもっていくこと。「来年の夏には、記録もきっちり出して全国制覇したい」と早くも来季への意気込みを語る。取材中もやさしい表情を見せる言葉少なな16歳。その表情とは裏腹に、貪欲に上を狙い続ける。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク