金沢区・磯子区版 掲載号:2012年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

木山捷平文学選奨 短編小説賞に吉野さん 移民描いた作品「異土」で

文化

作品への思いを語る吉野さん
作品への思いを語る吉野さん

 1月19日に行われた第7回木山捷平文学選奨(主催・岡山県笠岡市ほか)の最終選考で、吉野光久さん(70)=釜利谷西=の「異土(いど)」が短編小説賞に選ばれた。吉野さんは過去2回最終選考に残っており、3度目にして栄誉を手にした。

 この文学選奨は、岡山県笠岡市出身の作家・木山捷平(1904〜68)を顕彰し、年1回開催されている。このうち短編小説賞は、新人の未発表作が対象。今回は288の応募があった。

 吉野さんの受賞作「異土」は、海外に夢を託してカナダに渡った移民を描いたもの。執筆のきっかけは、八ヶ岳の麓で珍しい蝶を見かけたことだった。この蝶「アサギマダラ」は、日本で唯一確認されている渡り蝶。南方で生まれ日本の山や高原に飛んできて、秋になると紀伊半島から再び故郷に戻る。同じように紀州から海を渡り、カナダに移民した妻の父母らの姿をアサギマダラに重ねた。

 「明治維新以降の百年、日本人が激動の時代をどう生きたか。身近な人を通じてそれを描き、次代に伝えたかった」と吉野さん。今回の受賞については、「ほっとしました。60代のうちになんとか形になればと思っていたから、それはクリアできた」と喜んだ。同選奨では過去2回最終選考に残るも涙をのんだだけに、今回の受賞はまさに「3度目の正直」となった。

今後は長編も

 金沢区には1979年に移り住んで以来30年以上暮している。「神戸生まれだから、(同じように)山と海がある場所じゃないと。だだっ広い平野には住みたくなかった」と微笑む。

 吉野さんは元新聞記者で、84年にはドキュメンタリーの連載記事で菊池寛賞を受賞した。「記者だからノンフィクションが専門。でも、事実をいくら重ねても、真実はわからないこともある」。そんな思いから、現役を退いてからはフィクションを書こうと決め、65歳で文筆活動を始めた。

 この5年間は短編小説を中心に執筆。初期の作品は、どうしてもドキュメンタリーのようになってしまったという。「書き手の主観や感情をさらけ出すことを、だんだん理解できるようになってきました」と自らの”成長”を話す吉野さん。「今回の受賞でそれなりの評価を受けたので、これでまた書き始められるという思い。長編にも挑戦したい」と、これからの執筆にも意欲を見せた。

 吉野さんの受賞作が収載されている作品集は、3月に完成予定。一般にも有料で配布される。問い合わせは笠岡市役所生涯学習課【電話】0865・69・2155まで。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク