金沢区・磯子区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

カラスとスズメの知恵比べ 「カラスノエンドウ」の戦略とは 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

 名の由来は莢(さや)が黒いので「黒い野エンドウ」の意味です。読み方は、(カラス)+(野エンドウ)であって、(カラスの)+(エンドウ)ではありません。

 葉の付け根に蜜腺を持った2つの黒い斑点があり、ここから甘い蜜を出し、アリを呼び寄せ、葉を食べる虫たちを追い払う用心棒役にしています。持ちつ持たれつの関係ですが、この用心棒を寝返らせる「アリマキ」が現れました。アリマキはカラスノエンドウの茎から糖分を吸い、体内に貯め、その余りを体外へ排出しています。そこでアリは、葉よりも多く蜜を出すアリマキの虜になってしまいました。カラスノエンドウは、アリには裏切られ、アリマキには糖分を横取りされ、踏んだり蹴ったりです。まさに報酬が物を言うビジネスライクの関係になってしまいました。

 カラスノエンドウより小型の「スズメノエンドウ」は、自分の体内に抗菌や抗酸化作用のある物質を持ち、病原菌や害虫から身を守っています。こうして見ると、カラスとスズメの自衛策に対する知恵比べは、どうやらスズメに軍配が上がりそうですね。

 なお、カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間型に「カスマグサ」という種類があり、「カ」と「ス」の間(ま)から、「カスマグサ」と名付けられました。カラスノエンドウは後の2種に比べ、極めてポピュラーな種です。
 

アリの力を借り虫を追い払うカラスノエンドウ=写真上=とアリマキ(写真中央の葉についた黒い部分)=同下=
アリの力を借り虫を追い払うカラスノエンドウ=写真上=とアリマキ(写真中央の葉についた黒い部分)=同下=

金沢区・磯子区版のかなざわ草花の詩最新6件

天使が3回キスして3色に

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

天使が3回キスして3色に

2月16日号

織田信長が最も恐れた木

名木古木【12】 龍華寺の「ソテツ」

織田信長が最も恐れた木

2月2日号

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク