金沢区・磯子区版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

ロンドンパラリンピック射撃 日本代表に選出された 田口 亜希さん 区内在住 41歳

「素直さ」でメダル狙い撃つ

 ○…直径わずか0・5ミリ。彼女が狙うのは、その小さな点だ。ロンドンパラリンピック射撃で、3大会連続で日本代表になった。「実力はまだまだ。でも、行くからにはメダルは獲りたい」。過去2回の入賞を経て、「3度目の正直」でメダルという標的を狙い撃つ。

 ○…大阪府出身。大学卒業後、旅客船「飛鳥」の乗員として世界中を航海していた。だが、休暇中のある日、脊髄の血管の病気を突如発症。20代半ばにして、車いすの生活になった。これからどうすればいいのか―。病室で途方に暮れていたとき、同室の患者とこんな会話をした。「障がい者でもできるスポーツってあるんかな」。誰かが言った。「射撃があるよ」。いつかお客さまと射撃の話をしたことがあったな。面白そうやん。直感的にそう思った。そのときの病室の仲間に誘われ、復職した神戸で初めてライフルを握った。それが転機になった。

 ○…「言われるがまま」突き進んできたという競技人生。ビームライフルの全国大会で優勝を飾ると、「エアライフルやらんか」「はい」。わずか数年でトップレベルの得点をたたき出し、「パラ五輪出れるで」「じゃあ、やってみます」。コーチの指摘を受け入れてすぐに反映させる。天性のセンスはもちろん、その素直さを成長につなげてきた。「周囲を信頼しているからこそ、それができる。母に『我流はあかん』てよく言われていましたし」と笑う。

 ○…60発で競う射撃は、すべて満点を叩き出す選手も少なくない。ミスは許されず、過酷なまでのプレッシャーが襲う。「試合に出るたび、もう辞めようと思うんです。でも、終わったときの達成感がすごく大きい」。それを原動力にして重ねた競技歴は、はや15年になる。昨年から横浜に職場が変わり、区内へ移り住んだ。「パラ五輪を終えたら、大好きな旅行に行きたい」。無邪気に微笑む瞳の先には、決戦の地・ロンドンが映っているようだった。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク