金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

季節の花【4】「タンポポ」の競争 外来種の侵略で純国産種が減少 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
シロバナタンポポ=写真上=とセイヨウタンポポ=同下
シロバナタンポポ=写真上=とセイヨウタンポポ=同下

 東京から九州の小学校へ転勤した教師が、子供たちにタンポポの絵を描かせたところ、どの子も白い花で描いていたので、「タンポポの花は白ではなく黄色だよ」と諭しました。すると子供らは「先生、目がおかしんじゃない?」と笑ったという話がありました。

 確かに戦前の関東周辺では、在来種・外来種問わずほとんどが黄色い花で、西日本では逆に白花が多く生育していました。今では市内でも稀に白い花(シロバナタンポポという別種)を見かけることがあります。

 街中で見られる種は外来種のセイヨウタンポポが多く、郊外へ出ると在来種のカントウタンポポが生育しています。花の外側の総苞片が反り返っているのが外来種で、反り返っていないのが在来種です。しかし最近はほとんどが両者の雑種で占めており、純粋な国産種及び外国産種が年々減少しています。

 昔からの在来種がしっかり生育できる環境であれば、いくら強靭な外来種でも太刀打ちはできないはずです。都市部の自然破壊により、外来種の生存場所が確保されてしまったのです。外来種の拡大は、人間による環境破壊された面積に比例しているとも言えます。見方を変えれば、外来種は自然が破壊された都市部で、懸命に在来種の代役を担っているともいえます。

■訂正=16日号掲載の本コラムに間違いがありました。正しくは「ニリンソウの総苞葉は無柄、イチリンソウは有柄」です。

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)9月 「お月見散歩のススメ」

9月9日号

省エネで環境に貢献

省エネで環境に貢献

(株)REJ(金沢区福浦)

8月26日号

環境への貢献を意識

環境への貢献を意識

宮本土木(株)(磯子区田中)

8月19日号

建設業から教育にも

建設業から教育にも

(株)安藤建設(磯子区中原)

5月20日号

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

地域と共に豊かな社会を

地域と共に豊かな社会を

(株)サカクラ(磯子区岡村)

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook