金沢区・磯子区版 掲載号:2015年11月12日号 エリアトップへ

区内の名木古木【6】 称名寺の「イチョウ」 恐竜も食べた?「銀杏」 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年11月12日号

  • LINE
  • hatena
称名寺のイチョウ
称名寺のイチョウ

 黄葉する樹木の中で最も美しく、雄大な樹は「イチョウ」です。イチョウの祖先は、約2億年前地上に現れて以来、近代に入り中国で、その子孫が「生きた化石」として発見されました。日本では、万葉集(平安時代)には詠われていないので、それ以降に渡来したものと思われます。そのため鎌倉八幡宮の大イチョウ(2010年に倒壊)は、伝来初期の樹と考えられます。針葉樹・広葉樹と違った道を生き続けたイチョウ科の仲間は、太古の時代には全世界に分布していました。しかし今は全て化石となり、現在のイチョウ一種だけが生き残っています。

 名の由来は、葉がカモの脚に似ていることから、漢名「鴨脚樹」(ヤーチャン樹)が訛って「イーチャオ」となりました。また、学名の「ギンキョウ」から「銀杏」(ギンナン)の名が生まれました。

 葉の形を見ると、写真のように波形の部分に、切れ込みのある葉(右)と、切れ込みのない葉(左)とあります。古い時代の葉の化石は、切れ込みのある葉ばかりで、切れ込みのない葉はその後に出現した葉となります。新しく伸びた枝につく葉は全て切れ込みの多い葉で、恐竜も見たであろう化石の葉に似ています。

 区内では称名寺(4株)、瀬戸神社、金龍禅院で名木古木に指定されており、また街路樹としても、一番多く植えられています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

社の姿勢と目標が合致

SDGsパートナー新規認定【4】

社の姿勢と目標が合致 社会

金沢区 神奈川保健事業社

7月2日号

子育てって、楽しい♪

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月25日号

食用部は葉の変化

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ

食用部は葉の変化

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

6月25日号

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 成長へV字回復!

    ピンチをチャンスに新たな都市づくり 意見広告

    成長へV字回復!

    横浜市会議員 山本たかし

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

  • 6月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク