金沢区・磯子区版 掲載号:2015年12月3日号 エリアトップへ

物語でめぐる金沢 「母と直木三十五」(『生きかた下手 自伝小説集』、団鬼六、文藝春秋)文・協力/金沢図書館

掲載号:2015年12月3日号

  • LINE
  • hatena
長昌寺
長昌寺

 官能小説家の団鬼六が横浜に家を新築して母親を呼び寄せようとした時、連れて行ってほしい所があると頼まれたのが「富岡の長昌寺」。団はピンと来ませんでしたが、ここには直木三十五の墓があります。母・香取幸枝は昔、直木の内弟子だったのです。墓参りのため長昌寺に来た幸枝は住職に歓迎され、第三回南国忌(*)での講演も依頼されました。

 幸枝は、国木田独歩の長男虎雄との最初の結婚を解消後、関西に住んでいた直木の元で原稿の浄書や肩もみなどの下働きをしたそう。直木は映画製作に手を出し、弟子の幸枝も出演させられます。やがて直木は東京へ戻ることになり、後に残る幸枝には役者としての進路が示されました。その後直木は「南国太平記」を発表して大作家に、幸枝は松竹演芸部で幹部女優にまでなりました。そして劇団解散を機に脚本家の卵と駆け落ちし、生まれたのが団鬼六です。

 団は南国忌の席上、胡桃沢耕史から、君もああいう母親がいるんだから何か文芸ものを書けよと薦められて、大いに閉口したようです。清水正二郎の本名で官能小説を書き、その名を捨てて直木賞作家となった胡桃沢にすれば親切のつもりだったのでしょうか。今では胡桃沢も長昌寺の直木の墓の隣で眠っています。(*)南国忌:直木三十五を偲んで毎年2月に開催される追悼忌(命日の2月24日も南国忌と呼ばれる)。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」の精神を継ぐ

今月の志まくらのイッピン

5月23日号

53街区に大規模複合ビル

MM21街区NEWS

53街区に大規模複合ビル

京急、ヤマハら4社が事業予定者に

4月25日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

Kアリーナが国の計画に認定

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

原鉄道模型博物館 4月15日まで

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

進出企業は約1810社

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バラに親しむフェア

グリーンファーム

バラに親しむフェア

5月22日〜6月2日

5月22日~6月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク