金沢区・磯子区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

第1回「角田武夫の生涯」 寄稿 「金沢百景」 文/神奈川県立金沢文庫 山地純

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
「続金沢百景」42泥牛庵裏山ヨリ瀬戸橋ヲ望む
「続金沢百景」42泥牛庵裏山ヨリ瀬戸橋ヲ望む

 昭和10年代の金沢を克明に描いた『金沢百景』を残してくれた角田武夫は、明治17年に六浦荘村三分(現在の金沢区瀬戸)に生まれました。金沢藩藩士の子孫であり、当時父は教員をしていました。

 17歳の時に画家・橋本雅邦に書き送った手紙の写しによると、生まれながらに絵を好み、3歳くらいから書画にふれることを無情の喜びと感じ、小学校の友人は皆、彼が絵を好むことを知っていたと書かれています。

 三分小学校(六浦小学校)を卒業後、金沢小学校高等科に学び、三分村役場に勤めますが、恩師の平田恒吉教諭(『金澤と六浦荘時代』著者)の薦めで三分小学校の雇教員となります。本人は強く画家を目指しますが、悩みに悩んだ上、明治34年神奈川師範学校に入学し、教員を目指すことになりました。それでも画家への想いは断ち切れなかったようです。

 母校三分小学校で教師になり、川崎小学校勤務時代は白馬会という絵画団体に所属して黒田清輝から指導を受けたこともありました。しかし森中原小学校(森小学校)校長になって絵筆を取る時間は減ったようです。大正6年に病のため休職。その後、昭和17年まで教員として金沢小学校に勤めました。この時期に金沢八景の姿が変わることに危惧を抱き『金沢百景』「続金沢百景」『金沢巡礼』という記録を残しました。

■特別展「金沢百景〜角田武夫が描いた失われた風景〜」=神奈川県立金沢文庫で5月29日まで開催
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)9月 「お月見散歩のススメ」

9月9日号

省エネで環境に貢献

省エネで環境に貢献

(株)REJ(金沢区福浦)

8月26日号

環境への貢献を意識

環境への貢献を意識

宮本土木(株)(磯子区田中)

8月19日号

建設業から教育にも

建設業から教育にも

(株)安藤建設(磯子区中原)

5月20日号

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

地域と共に豊かな社会を

地域と共に豊かな社会を

(株)サカクラ(磯子区岡村)

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook