金沢区・磯子区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

次代へ繋がるお囃子を 祭り支える2つの囃子会

文化

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
子どもも活躍(宮元囃子会)
子どもも活躍(宮元囃子会)

 祭りに欠かせないのが笛や太鼓のにぎやかな音色。現在、富岡地域には西部の「とみおか連」と下之町の「宮元囃子会」という2つの囃子会がある。秋季大祭だけでなく、7月の祇園舟神事でもその腕前を披露している。地域の祭りを音で盛り上げるこの2つの囃子会を取材した。

西部「とみおか連」

 「変わっていいこと、変えちゃいけないことを守っていきたい」と話すのは、指導する浅見友香さん(30)。自身も小学5年生から会に所属し、腕を磨いてきた。部活などで忙しく、参加できない期間もあったが、「知っている子がいたから、違和感なく戻ることができた」。現在、会員は小学1年生から社会人まで約40人。毎月8日が練習日だ。「支えてくれる町内の人がいるから、辞められないですね」と笑顔を見せる。

 上の子どもが下の子どもの面倒を見るのが会の「当たり前」。中学生以上はスタッフ側となり、会を支える。「次の世代につなげるため、若い子たちが教えないと」と話すのは会を立ち上げた野本敏明さん。大人になっても何かしらの形で町や祭りにつながっていけるように――そんな場所になることを願う。

下之町「宮元囃子会」

 以前は磯子区森から囃子を頼んでいた下之町。「いつか自前のお囃子を持ちたいと思っていた」と野本修三会長(76)は話す。2003年から有志5、6人が森に習いにいくように。以来今に至るまで毎週木曜日は、足を運び練習に励む。「囃子は奥が深い。まだまだ習うことがあるし、キリがないね」と話す。

 13年には10周年記念として、町内の有志が大太鼓1つと締太鼓2つを買ってくれた。「なおさらちゃんとやらなきゃと思って。気の引き締まる思いだった」。

 計30人の会員のうち、13人が子どもだ。月2回、地元で練習を重ねる。「子どもがいれば、将来が見える」と野本会長。子どもが太鼓を叩く姿を見て、町内の人にも親近感を持ってもらえればと話す。「ウチはまだ10年そこそこ。これからどうやってうまくつないでいくかが課題」と話した。

とみおか連の練習風景
とみおか連の練習風景

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

地元酒蔵の魅力一冊に

【Web限定記事】

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月27日号

1週間で1018人増

【Web限定記事】金沢区、磯子区の新型コロナ感染者数

1週間で1018人増 社会

1月27日号

標語で交通安全啓発

標語で交通安全啓発 社会

金沢警察署が独自に企画

1月27日号

キッズカフェ杉田に奨励賞

子ども・子育て支援大賞

キッズカフェ杉田に奨励賞 社会

1月27日号

山手西洋館で花展

山手西洋館で花展 文化

女流フローリスト6人が集結

1月27日号

3回目接種 さらに前倒し

3回目接種 さらに前倒し 社会

市、28日から接種券発送

1月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook