金沢区・磯子区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」 天使が3回キスして3色に 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
原色に近い3色の園芸品種(金沢自然公園)
原色に近い3色の園芸品種(金沢自然公園)

 いよいよ最終回になりましたので、最後は「ラブラブの花」で飾りたいと思い、園芸種の「パンジー」を選びました。

 原種は「サンシキスミレ」といい、ヨーロッパに広く分布しており、下弁は黄色、側弁は白色、上弁は紫色の三色からなる小さな花です。1830年代に突然変異から生じた様々の花の模様から、北欧やイギリスを中心とした国々で改良し、原種より大型で様々な模様の品種が多く生まれました。下弁の模様を「思案する人」の顔に見立てられ、フランス語の「パンセ」(思索)から「パンジー」と呼ばれるようになりました。

 また、左右の花弁が「キス」をしているように見えるため、西洋の言い伝えによると、「天使が3回キスしたことからこのように3色になった」といわれ、別名「ラブグラス」(恋の草)とも呼ばれています。

 さらに西洋の伝説には、「パンジーの汁を眠っている人の瞼につけると、目がさめた時最初に見た人に恋をしてしまう」とあります。シェイクスピアはこの話を「真夏の世の夢」に取り入れ、森の妖精がパンジーの汁を、間違えてつけてしまい、恋の組み合わせがとんでもない方向へ展開してしまうという筋書きです。

 読者の皆様方の暖かいご声援をいただき、心から感謝申し上げます。機会がありましたら、また紙上でお会いできることを楽しみにしています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月16日号

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

コラム 算命学教授に聞く

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

1月1日号

赤い部分は葉の一種

金子さんの草花の不思議発見!第37回ポインセチア

赤い部分は葉の一種

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月1日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

刺抜きの特効薬?

金子さんの草花の不思議発見!第36回ニシシギ

刺抜きの特効薬?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月14日号

バス路線「ピアライン」が誕生

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク