金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第2回 瀬戸神社と琵琶島神社 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

瀬戸神社=写真上=と琵琶島神社
瀬戸神社=写真上=と琵琶島神社

 瀬戸神社のある地は、かつて広い内海と平潟湾との出入り口の狭い海峡「瀬戸」といわれた。潮の干満時には急流が渦巻く海上交通の難所であり、近年の発掘調査で五、六世紀頃の海神をまつった遺物が発見されている。

 源頼朝が鎌倉に幕府を開く頃、挙兵の際に戦勝祈願した伊豆三島明神に、この霊地にもきていただき瀬戸神社を創建したと伝えられる。また古くから、三島明神が伊豆から飛来して、石(金龍院にある飛石)の上に降りたともいわれる。瀬戸神社には源実朝が愛用したという舞楽面、神像、神号額、湯立て神楽など鎌倉時代からのものが保存され、カヤの名木、蛇柏槙、社叢林などの自然も残されている。

 鎌倉時代に瀬戸橋が架けられてから、神社境内前は多くの通行人が往来して賑わい、徳川家康は参拝して百石の社領を寄進した。

 国道16号線を挟んだ平潟湾には瀬戸神社創建と同じ頃に、源頼朝夫人の北条政子が信仰していた琵琶湖の竹生島弁財天を祀り、海中に島を築き琵琶島神社を創建したと伝えられ、立ち姿の弁財天から立身弁財天、島の形から琵琶島弁財天ともよばれている。参道入口に源頼朝がみそぎで衣服をかけたという福石(服石)がある。

 毎年五月十五日に瀬戸神社の神さまが琵琶島神社の神さまにあう、渡御の神事「おわたり」が行われる。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク