金沢区・磯子区版 掲載号:2017年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 磯子区岡村 オリオンスポーツ

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 岡村中学校出身のゆずがデビュー当初、揃って着ていた学校指定のジャージ・”岡ジャー”の取扱店。「ゆずと言えば果物しか知らなかった」と笑うのは、自身も岡中卒業生の松本裕之店長。19年ほど前、ジャージを求めにやってくる人の多さに驚いた松本店長の両親が理由を聞くと、ゆずとは地元出身の歌手らしいことが分かった。「フリースが流行った当時になぜジャージだったんだろう(笑)。98年の渋谷公会堂のライブ前には、2人揃って新調しに来てくれた」。当時のバックバンドの名前は”オリオン”。その後も2人の足跡を追いかけるように、ライブで訪れた地域から問い合わせが増えていった。「岡村の名前が広がるのも、それをゆずっこが着てくれているのも嬉しい」と頬を緩める。ただ、あくまでジャージは現役生のもの。「昔も今もまずは岡中生分を確保してから」

 ファンクラブに入り、ゆずが載った雑誌はほぼスクラップ。店奥には”聖地”よろしく、ファンが寄せた写真やグッズがぎゅっとつまったコーナーもある。「最近では、10年ぶりという人や岡村ジャージを知らない世代も来てくれる。歴史を感じます」としみじみ。

 「岡村土産はないの?」との一言を発端に、記念になるものを残したいとオリジナルグッズも展開。20周年の今年は、”OMEDETO”タオルもつくった。「おめでとうって言いたいじゃない。代わりにゆずっこに伝えてもらえれば」
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

物語でめぐるわが街

著・中野孝次 文藝春秋

物語でめぐるわが街

1月11日号

赤い実にほくろが2つ

金子さんの草花の不思議発見第7回 センリョウ

赤い実にほくろが2つ

1月4日号

京急富岡駅と能見台駅の移り変り

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第18回

京急富岡駅と能見台駅の移り変り

12月21日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

12月21日号

この種、何に似ている?

第6回 アオツヅラフジ 金子さんの草花の不思議発見

この種、何に似ている?

12月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク