金沢区・磯子区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

(PR)

女性のための漢方 機能性ディスペプシアと腸内フローラの関係性

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 中医学には「健康は脾から」という考え方があります。脾の働きは、食べた物を胃や腸で消化・分解・吸収して栄養を体内に取り込み、気・血・津液・精のエネルギーを作る源と考えられています。

 近年の研究でも腸は体内で最大の免疫器官と注目され、私たちの健康な腸内には、100種類以上、約100兆個とも言われる腸内細菌(中でも善玉菌)が免疫細胞活性などに働いていると言われます。その多様な細菌が種類ごとにまとまり、腸管壁に生息している様を、植物が群生しているお花畑(フローラ)に見立てて「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。腸内フローラは健康のバロメーター。しかし、食文化の乱れや抗生剤の多用、過度の除菌などにより、現代人の腸内細菌の減少が問題視されています。

 前回お話しした、機能性ディスペプシアの原因は人それぞれですが、腸内フローラが乱れている場合が多いようです。食欲不振が続く「虚弱タイプ」の人におすすめの「健脾散顆粒」には、ハスの実や扁豆、ハトムギなどの豆類が配合されていて、お花畑の肥料ともいえる腸管粘液の分泌を促し、腸内フローラの修復効果が期待できます。

 梅雨のこの時期には湿気から胃腸を守る「勝湿顆粒」を用いたり、中医学の健脾の考えで、胃腸の本来の機能を正常に保ちましょう。
 

開気堂薬局

横浜市金沢区谷津町363-1

TEL:045-790-5691

http://www.kaikido.jp/

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑫

10月30日、31日 10時~ 季節の花鉢プレゼント 先着100人

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

明日から  織のキモノお召展

志まくら

明日から 織のキモノお召展

将軍も愛用した伝統の技

10月29日号

膝、腰の疾患のプロに聞く

済生会若草病院

膝、腰の疾患のプロに聞く

「早期診断で適切な治療を」

10月29日号

片付け不要で即金買取り

ウスイホーム

片付け不要で即金買取り

特に築後20年以上経過の物件

10月29日号

野口英世フェア

野口英世フェア

11月14日、長浜ホールで

10月29日号

こどもタウンニュースよこはま版

介護いらずの体づくりを

介護いらずの体づくりを

磯子センターで健康講座

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク