金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市立大 時代が求める人材育成を 来春、データサイエンス学部を新設

教育

岩崎学センター長
岩崎学センター長
 横浜市立大学(窪田吉信学長)は来年2018年4月からデータサイエンス学部を新設する。データサイエンスを冠する大学学部としては首都圏初、全国でも2例目となる。その学部新設の背景や学部概要などを同大学データサイエンス推進センターの岩崎学センター長に聞いた。



 ――データサイエンス学部新設の背景は?

 岩崎―コンピュータやネットワーク上では日々、膨大なデータが蓄積され続けています。しかし、いかに膨大なデータがあっても、活用できなければ宝の持ち腐れ。使える形に活用できる人材が、現代では圧倒的に不足しています。今後さらに社会的需要は増していくと考えられるため、データサイエンスの基礎を持ち、ビジネスや社会問題の課題解決に対応できる人材育成は急務になっています。

 ――なぜ横浜市立大学だったのですか?

 岩崎―横浜市自体がオープンデータ化を推進していて、データ活用に理解があったことも一因。また県内で唯一、公立大学医学部があるため、医療・健康方面での活用も期待できます。

 ――どんな学部ですか?

 岩崎―文系・理系の枠組みを超えた文理融合の学部です。学生の定員は60人で教員は16人を予定しています。データを読み解くために必要な統計学と計算機科学をベースに、社会で不可欠なコミュニケーション力やイノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成します。 ――今後の展望は?

 岩崎―データサイエンスという学問を広く知ってもらうためにも、なるべく早く大学院を設置できれば。横浜市大を世界に誇れる大学にしていきたいですね。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金井宇宙飛行士と交信

はまぎんこども科学館

金井宇宙飛行士と交信

1月18日号

東京国税局長から表彰

納税貯蓄組合浅木会長

東京国税局長から表彰

1月18日号

中学生、百人一首で熱戦

釜利谷地区

中学生、百人一首で熱戦

1月18日号

金沢文庫で運慶展

中村征夫 深海へ

中村征夫 深海へ

1月18日号

磯子区の商店街朝市

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

NPO法人の基礎を学ぶ

NPO法人の基礎を学ぶ

活動支援センターが講座

2月19日~2月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク