金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

屏風浦小4年生 防災授業で実体験 資機材使用法など学ぶ

教育

「横浜防災ライセンス・磯子」のメンバーにレスキュージャッキの使用法を学ぶ児童
「横浜防災ライセンス・磯子」のメンバーにレスキュージャッキの使用法を学ぶ児童
 磯子区森にある市立屏風浦小学校(橋立豊校長)で12月1日、実体験を通じて防災について考える授業が行われた。

 地域防災拠点に指定される市内の小中学校には防災備蓄庫があり、災害時などに使用する資機材が保管されている。授業は児童が防災資機材に触れ、実体験を通じて災害時に自らの命を守る「自助力」と助け合う「共助力」を高めてもらおうと、区が推進しているもの。

 当日は資機材の取扱い方法を伝える活動を行う「横浜防災ライセンス・磯子」の会員と区役所職員らが講師となり、約90人の4年生に授業を展開。電気が使えない時に使用するランタンや、ケガ人らを搬送する担架の使用法などが説明された。児童は人が乗った担架を数人で囲んで持ち上げ、移動するなどした。

「助け合いの心を」

 災害時に建物の下敷きになった人の救出時に使用する「レスキュージャッキ」の使用体験では、児童数人が乗った跳び箱の下にジャッキをかませ、てこの原理で跳び箱を浮かせた。使用方法を学んだ男子児童は「人を助けられるようにしたい」と話した。同校の橋立校長は「(児童には)地域の一員として助け合いの心を持ち、活躍できるようになってほしい」と願った。

 同様の授業は根岸中、山王台小、浜小でも行われている。「横浜防災ライセンス・磯子」の小林四郎会長は「いざという時はお父さん、お母さんに防災資機材があることを説明して、救助につなげてほしい」と児童に呼びかけた。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

『横濱愛』でまちづくりを

横浜青年会議所

『横濱愛』でまちづくりを

2月15日号

「感謝」胸に50周年

「産業団地の魅力知って」

旧柳下邸の雛祭り

つぼみほころぶ杉田梅

妙法寺

つぼみほころぶ杉田梅

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク