金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 磯子区岡村 岡村中学校

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 ゆずの2人が青春時代を過ごした岡村中学校は、来年創立70周年を迎える伝統校。今や同校指定ジャージ「岡ジャー」を着た部活帰りの岡中生が、ゆずっこ(ファン)に見えるという錯覚が起こるほど、「ゆずの母校」として全国に名が知られる有名校になった。

 在校生や卒業生、職員、保護者と周囲にファンは多く、吹奏楽部の演奏では必ずゆずの曲が披露されるが、中でも校内でよく聴かれる曲が『栄光の架橋』だ。「全員が歌えて、詩の内容がどこをとっても教育現場にぴったり。生徒と先生を一つにしてくれる」と斎藤博栄校長。体育祭や文化祭のラストに全校生徒で大合唱、卒業式や離任式の退場曲、校長挨拶で曲の一節を引用することもあるといい、「岡中第2の校歌」との声も。

 昨年は、岡ジャーを使った企画の相談で来校した北川悠仁さんに「後輩の前で歌って欲しい」と斎藤校長がお願いしたところ、サプライズライブ=写真=が実現。何も知らされていなかった生徒たちの驚きの歓声のなか、7曲を披露。後輩たちと栄光の架橋を大合唱した。そのわずか半年後にはTV「めちゃイケ」の撮影で再訪、10月に岡村小と合同で行ったPTA主催のコンサートにもライブの合間をぬって駆けつけてくれた。

 同校ライブの写真は「常に先輩を感じられるように」、各学年の昇降口に貼ってあるという。「ゆずは岡中生にとって特別な存在。自慢できる先輩なんです」 
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク