金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • はてぶ

屛風ヶ浦「TRiPLE éf」 美容室を交流拠点に 旧店舗を地域開放

社会

中島さん(後列右)と同店スタッフ
中島さん(後列右)と同店スタッフ

 美容室「TRiPLE éf」(磯子区森)は、店舗の一部を地域に開放する取り組みを6月から始めた。美容や防災講座、医療セミナーなどを開催し美容室を「地域交流の場」にしたい考えだ。

 「美容室はその街に住む人が訪れる場。30分以上の施術を通して、地域の話などを聞くことが多い。美容室に集まる人や情報をもとに交流の場にならないかと考えた」。こう話すのは、オーナーの中島翔さん(34)。

 同店は、6月に屏風ヶ浦交差点すぐに移転し、約100m離れた旧店舗を拠点として使用することに。イベントや企画を行う際に開放する。6月には、プレ企画として美容を通じて家庭内でコミュニケーションを取ってほしいと「簡単ヘアアレンジ講座」を開催した。今後は、磯子区災害ボランティアネットワークとの防災講座や周辺病院と連携した医療セミナーの企画を行う予定だ。

 同店は、100年以上続く理美容室で中島さんが4代目。祖母などから地域の昔話を聞かされていたという中島さんは「地域での顔の見える関係づくりや地域活性への思いを強く持っていた」と、拠点への思いを話す。

防災対策にも注力

 中島さんは、「神奈川わかものシンクタンク」に2年前から所属し、コミュケーション防災を推進している。この活動で「美容室の防災」についても考えるようになったという。「例えばカラー剤をつけている時に地震や災害が発生し、断水になったら頭皮かぶれや断毛の恐れがある。このような対策はこれまで全く考えていなかった」。調査すると通常、カラー剤を流すには一人約60リットルの水を使っていることがわかった。そこで、特殊な水を使い約1リットルで流せる実験を繰り返すなど「美容室の自助」に力を入れる。

 「これらの取り組みや情報も地域に積極的に発信することで、地域活性につなげていきたい」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

装着型歩ける椅子を開発

ニットー

装着型歩ける椅子を開発

11月15日号

「八景市場」で賑わい再び

風疹、感染止まらず

横浜市

風疹、感染止まらず

11月8日号

小型低速車を住民の足に

富岡西

小型低速車を住民の足に

11月8日号

20周年を久良岐能舞台で

「六浦」セミナー

20周年を久良岐能舞台で

11月1日号

買い物困難地に移動販売

上笹下地区

買い物困難地に移動販売

11月1日号

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

好楽さんが出演

ふるさと寄席

好楽さんが出演

来年1月 杉田劇場

1月26日~1月26日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク