金沢区・磯子区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ イガあるクリ、イガないドングリ 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 「行く秋や手を広げたる栗のいが」(芭蕉)

 「クリ」に棘を持つ「イガ」(写真右上)があるのは、動物に食べられないための戦略の一つですが、同じ仲間のドングリにはイガがないのはどうしてでしょう。一般にドングリの仲間には、「タンニン」という成分が含まれているため、そのまま食べると渋みが強くて食べられません。これも動物からの食害防止の一つになります。しかしクリにはタンニンがほとんど含まれていないので、動物の食害防止として、全体を鋭い刺を持つイガで保護しているわけです。このイガは一般にドングリをつつむ、おわん状の帽子とか袴とか呼ばれている殻斗(かくと)(写真左上)と同じものです。

 クリの由来は、実の色の「黒味」からきており、草木染にも利用しています。また「栗毛の馬」の栗毛は、クリの皮の赤味の茶色(栗皮色)を指しています。

 ではクリ(写真下)は、実でしょうか、種でしょうか。普通は実の中に種があるわけだから、厚い茶色の殻が「実」で、中の食べる部分が「種」になります。種の周りの薄い渋皮は種皮で、イガは総苞になります。日本産の渋皮は剥けにくいが、中国産やヨーロッパ産のクリは渋皮が剝けやすくなっているようです。
 

クリは実?種?
クリは実?種?

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク