金沢区・磯子区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

ラジオ番組「ママ夢ラジオ♡」のプロデューサーを務める 竹岡 望さん 金沢区能見台在住 32歳

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena

ママの夢、電波に乗せて

 ○…東京・渋谷の街中、ガラスの向こうにあるスタジオでママたちが思い思いに自身の「夢」を電波に乗せる。ネットラジオ局「渋谷クロスFM」で7月から放送中のママによる、ママのための番組「ママ夢ラジオ♡」。4歳の娘を育てる傍らプロデューサーとして約40人のママたちをまとめる。1年前は想像もしなかった毎日。「やってみたいなと思ったらママでも意外とできちゃうよ」そんな思いを視聴者に届ける。

 ○…北海道北見市出身。大学卒業後に上京し、総合病院の看護師として勤めたが、結婚を機に退職。4年前に能見台に移り住んだ。当時は妊娠中。仕事もなく、夫が出勤すると周囲には親も友達もいない。「このままでは産後うつになるのでは」漠然とした不安を抱えたこともあり、産後は人とのつながりを求めた。

 ○…「ママでも夢を持とう」―子育て情報紙の文字が目に留まり、同紙が主催する集まりに参加すると、居合わせた人との縁が縁を呼び、近所のママと繋がった。ともに同紙の地域版の発行を始め、編集長として今も金沢区・磯子区内に500部を配布する。「仕事をしていない罪悪感があったけど肩書きができると嬉しくて」と笑顔。週1回、同じ歳の子を持つ仲間と新杉田で『縁en』と名付けたカフェも開き、子育て情報や、趣味や特技を持つママに活躍の場も提供している。

 ○…ラジオのウェブ会議は子どもが寝た後。放送時に初めて会うメンバーもいるが、事前の会議で結束も強まり、すぐに意気投合、「すごい楽しい」と話す。12月にはスタジオを飛び出し、親子向けイベント「ママ夢ライブ♡」も初企画。自身もステージでギターを演奏予定で目下練習中だ。「ママだけど、やってみる」そんなママの背中を子どもに見せたい。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

伊川 和美さん

3月28日に多世代交流コンサートを開くブラストファンクラブの代表を務める

伊川 和美さん

金沢区寺前在住 48歳

2月27日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク