金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

呼吸器内科糖尿病内科 慢性疾患は「患者が主役」継続治療を全力サポート

 金沢区能見台の田川内科医院は、気管支喘息やCOPDなどの呼吸器疾患および糖尿病をはじめとした生活習慣病を中心に、田川暁大院長の経験と専門性を活かした治療にあたる。

 糖尿病は「強く疑われる人」と「可能性を否定できない人」を合わせると、全国で約2000万人と推定される国民病(2016年国民健康・栄養調査より)。だが、その内約4割は治療を受けたことがないという。

 同院の田川院長は「初期の糖尿病は自覚症状がありません。そのため、健康診断で『治療が必要』と言われても、そのまま放置する人が多い」と指摘する。

 だが糖尿病は、神経障害、網膜症、腎症をはじめとした全身の合併症につながることも。腎不全を併発すれば一生、人工透析が必要になる場合もある。「逆に言えば、合併症さえ発症しなければ、今までと変わりなく生活できる。健康診断でひっかかったら、まずは受診。そしてバランスの良い食事と適度な運動を心がけることが第一です。その上で必要がある場合には薬も処方します」。また、年に数回、「糖尿病教室」を開催し、無理なく続けられるようアドバイスをする。

長引く咳に注意

 田川院長のもう一つの専門は呼吸器内科だ。近年、長引く咳で悩んでいる人が増えているとも。「検査すると喘息がみつかることもある。たかが咳とあなどれない症状です」。また、咳や痰が続き、息切れがするなどの症状には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の可能性を指摘。「従来、慢性気管支炎や肺気腫といわれていたCOPDの治療は、一にも二にも禁煙です」と話す。

80点の生活でOK

 こうした慢性疾患に必要なのは、症状が良くなった後も、継続的かつ適切に自己管理をすること。「治療は『患者さんが主役』。医師の役目は、それを全力でサポートすること。治療目的をきちんと説明し、目標を共有することで支えていきます」と心強い。100点満点の生活を維持するのは大変だが、80点でも合格は合格。一人ひとりの生活環境に合わせ”一緒に考える”かかりつけ医を目指す。 
 

田川内科医院

金沢区能見台1-1ビーコンヒル能見台イーストプラザ

TEL:045-353-8152

http://tagawa-naika.com/

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6件

2/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

博文でひも解く金沢

博文でひも解く金沢

県立金沢文庫で特別展

1月19日~3月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • レンコンの孔は何のため?

    金子さんの草花の不思議発見!第26回 レンコン(ハス)

    レンコンの孔は何のため?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月14日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク