金沢区・磯子区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

金沢区産業団地 有志ボランティアが活動 市内外から 被災企業を支援

教育

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
作業するボランティア参加者
作業するボランティア参加者

 台風15号による被害が深刻な金沢区の産業団地を支援しようと、市内外の有志ボランティアが活動している。9月14日から週末に被害が甚大な幸浦、福浦エリアを訪れ、ゴミの撤去作業や清掃活動などを行い支援している。

 「東日本大震災の被災地と同じような光景だった」。今回のボランティアで中心的に活動する「やまと災害ボランティアネットワーク」代表理事の市原信行さんは、台風が通過し数日後に現地を訪れた様子をこう話す。金沢産業連絡協議会などと調整した上で、支援が決まり13日にフェイスブックなどでボランティアを募集。逗子市や磯子区、瀬谷区などの金沢区周辺や関東学院大学、横浜市立大学の学生が参加した。

 第1弾として14日から16日に、20日から23日に第2弾の支援活動を行った。市原さんらが被災企業を直接回りニーズを募り、枝の撤去や清掃活動などを実施。1日約40人が参加した。

「本当に助かった」

 図書館のデザイン設計や施工などを手掛けるHIGASHI─GUMIは、1階が浸水し約5千冊の本が濡れてしまったという。本を外に出し、2階に運ぶ作業をボランティアに手伝ってもらったという。「被災当初は、自分たちで何とかしないといけないと考えていた。本業の仕事をしながら、片付けをしないといけなく人手が足りなかった。ボランティアの方々がいなかったら、1週間は作業が遅れていた。本当に助かった」と、代表取締役の東亨さんは支援に感謝する。

 磯子区災害ボランティアネットワーク副代表の渡邊和也さんは、仲間とボランティアに参加した。「大きな被害を受けた千葉県に目が行きがちだが、近くの金沢区でも同様の被害があり、何とか力になりたかった」と話す。市原さんによると「まだまだ企業からのニーズはある」といい、28日、29日も活動をする予定だ。参加希望者は、マスクなどの備えのほか、ボランティア保険への加入が必要だという。

 問い合わせは市原さん【携帯電話】090・9349・5410へ。フェイスブックでも情報を発信している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「マカナ」が洋光台に開所

親と子のつどいの広場

「マカナ」が洋光台に開所 教育

育児サークルから発展

2月13日号

釜利谷で移動販売開始

セブンイレブン

釜利谷で移動販売開始 社会

買い物困難者を支援 

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

「交通安全マップ」全国入賞

汐見台小6年有志児童

「交通安全マップ」全国入賞 教育

立体的な制作が評価

2月6日号

窓アートで記憶を共有

磯子高校

窓アートで記憶を共有 教育

統合控え、美大生が制作

1月30日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月23日号

マンションセミナー&無料相談会

9月29日㈰、かながわ県民センターで開催

http://bunjyounpo.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金沢シンフォニカの演奏会

金沢シンフォニカの演奏会

2月23日、金沢公会堂で

2月23日~2月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク