金沢区・磯子区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第37回ポインセチア 赤い部分は葉の一種 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
クリスマスに飾られるポインセチア(上)と、花(下)
クリスマスに飾られるポインセチア(上)と、花(下)

 クリスマスが近づくと、花屋に並ぶ一つに中央アメリカ原産の「ポインセチア」があります。ポインセチアの由来は、メキシコ原住民がこの樹液を解毒剤に使っていたため、アメリカ初代駐メキシコ大使ポインセットが祖国へ持ち帰り、新しい属名として「ポインセチア属」がつくられました。日本へは明治の中頃に渡来し、和名「猩々木」(しょうじょうぼく)で、赤い猩々(オラウータン)に例えられて名がつきました。

 赤い花弁状は葉の一種の「苞葉」で、その中央にある黄緑色の小さく固まっている部分が本当の花です(写真下)。花には花弁がないので、この赤い苞葉がその役割を果たしています。この苞葉は花が咲き出すと、赤く色づいてきます

 昭和30年代までは、切り花として利用してきましたが、水揚げが悪く、根腐れや寒さに弱く、栽培が難しい花でした。その後、西ドイツでいろいろと改良され、現在の品種の元ができ、現在では多様な色(赤、ピンク、濃赤、黄白色等)が生まれました。

 大航海時代に、新大陸に移住した修道士が、ポインセチアの赤い葉を見て、キリストが処刑された時の血を表していることから、クリスマスに飾られるようになりました。

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク