金沢区・磯子区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める 服部 誠さん 金沢区洲崎町在住 43歳

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena

混ざり合う風景 当たり前に

 ○…次代の防災の担い手をつくろうと2017年に金沢区災害ボランティアネットワークからてんでんこプロジェクトを立ち上げた。横浜市の市民協働事業の提案アイディアに採択され、小学生による小学生のための防災スクールなどを展開。1月13日には福男福女を決める「てんでんこ競争」を初開催する。「楽しみながら”津波が来たらすぐ高台に逃げること”を伝えられたら」と真っすぐに話す。

 ○…07年、逗子市社会福祉協議会の職員として、中越沖地震の被災地である柏崎市に派遣された。被害の多い地域に入ったが、死者は0人。「普段から支え合っている地域の強さを痛感した」。自身の関わる地域でも助け合いのできる関係性を作らないと――。社協の枠を飛び出して、様々な活動を展開するように。現在、名刺の裏にはボランティア団体など13の所属団体が並ぶ。

 ○…てんでんこ〜は、逗子市で小中学生を中心に展開してきた活動がヒントになった。「子どもを中心になってやっていくと大人も関わらざるを得なくなっていくんです」。東日本大震災の被災地で交流会を経験した小学生が、中高生で被災地支援をし、成長して地域防災に目を向ける。そんな風に自然に発展していけたらと願う。「これまでの経験を自分の住む金沢区で進化させ、横浜中に広がれば」

 ○…目指すのは「誰もが混ざり合い、当たり前に集っている風景」。「日常で支え合っていれば、緊急時にも助け合うことができる」と力を込める。「自分の関わるすべての団体をつなげていくと不思議といい感じになってくるんです」。点から線、面、そして円へ-つながりを広げ、誰も取り残されない地域防災を作り上げていくため、まい進する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク