港南区・栄区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

10周年を迎えた「さわやか港南」を設立した 川辺 裕子さん 日限山在住 58歳

広がる大家族

 ○…「顔なじみの街づくりができていれば、災害時も慌てずに助け合えるのでは」―。阪神淡路大震災により地域コミュニティが崩壊。無秩序状態に陥った避難場所の小学校。当時、PTA役員を務めていた日限山小学校と神戸の小学校とのビデオレターによる交流で知った事実に心を痛めた。これを機に地域の助け合いについて深く考えるようになり、「コミュニケーションから生まれる連携が大切」と、家事などの生活支援を行う「さわやか港南」を平成13年に設立した。

 ○…買い物や病院の送迎、一時保育など、地域から舞い込む依頼は年間4000件。”地域の茶の間”の役割も果たす活動拠点には、散歩ついでにふらりと立ち寄る高齢者も。「誰か来ると、『お腹すいてない?』とお菓子をふるまうこともあるし、お手伝いもしてもらうの」と屈託のない笑顔を見せる。しかし、そんな堅苦しくない関係が利用者には心地よく、「親戚ができたみたいと喜んでくれる人もいるし、こちらも大家族と思って接しているの」。そこには古き良き”ご近所づきあい”が生まれている。

 ○…活動拠点となっている民家は利用者から安く借り受けたもの。運営資金に充ててほしいとバザー用品の提供も後を絶たず、活動を支えたいとボランティアとして名乗り出る人も増えている。「”困った時はお互い様”を合言葉に活動してきたけれど、その気持ちが利用者の方にも伝わり、助け合いの輪が広がっている」と喜びの表情を浮かべ、「世の中は甘くないけれど捨てたものでもない」。

 ○…周囲の支えを受けながら歩み続けて10年。少しずつ、でも確実に助け合いの精神が地域に芽生えつつあるが、「目標を達成できることはないんじゃない。世の中は常に移り変わっていくものだから」とさりげない。それでも、「向こう3軒両隣」を理想像に、「程よい位のいい加減さが大事」と肩肘をはらずに、自然体で活動を続ける。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

遠藤 吉隆さん

港南歴史協議会のメンバーとして神話、神社についての講演を続ける

遠藤 吉隆さん

3月1日号

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク