港南区版 掲載号:2012年10月18日号

タウンレポート

剪定効果?消えた群れ 社会

上永谷のハッカチョウ

頭部に鶏冠状の冠羽をもつハッカチョウ(高久健さん撮影)
頭部に鶏冠状の冠羽をもつハッカチョウ(高久健さん撮影)

 上永谷駅周辺に繁殖するハッカチョウ(八哥鳥)のフン害や鳴き声に対する近隣住民の苦情を受け、港南土木事務所はねぐらとなっていた付近のケヤキの枝葉を7月に剪定。それによる効果か明らかではないが、繁殖期を終えてねぐらに戻る秋を迎えた現在も例年のように空を黒く覆い尽くす群れは見られていない。

 春から夏の繁殖期には縄張りを持ち、互いに距離を保ちながら民家の戸袋や屋根の隙間などに営巣するが、それ以外は群れでねぐらを作るハッカチョウ。例年この時期に上永谷駅近くのケヤキに集まる数は数百羽以上とみられ、一部の近隣住民からは鳴き声による騒音に苦情もあがっていた。

 これを受けて港南土木事務所は7月、「夏場に木陰があった方が良いという声も多いが、『夜に眠れない』という報告もあった」と、定期的な剪定の時期を早め、通常の維持管理よりも枝を長く切り取る「強剪定」を実施。直接的な関係は不明だが、近くのいずみプラザ上永谷自治会の依田代志男会長は「フンの臭いもすごかったが、最近は群れは見られない」と話す。

 だが、同事務所は「群れはねぐらの場所を移しただけ。根本的な解決にはなっていないが、鳥獣保護法により捕獲はできない」と対策に苦慮する。

80年代から区内で繁殖

 ムクドリ科に属するハッカチョウは全長約26cmで、頭部にある鶏冠のような冠羽と翼の白い斑紋が特徴。中国南部や東南アジアが原産の外来種で、日本には江戸時代に飼い鳥として輸入され、逃げ出したものが野生化したとみられている。

 日本野鳥の会神奈川支部によると、国内では1970年代から京都府や大阪府、兵庫県で繁殖が記録されているが、横浜市内では80年代の港南区の例が初。現在はその周辺地域にも範囲が広がっており、ひと回り小さなムクドリと巣穴を競合するため、生態系を守る観点から「できれば排除が必要」と話す。

 一方、温暖な地域が原産にも関わらず区内で繁殖していることについて、環境問題の公的研究機関である国立環境研究所は「明確な要因は不明だが、鳥類は体温の維持が可能なので気温はあまり関係なく、それよりも餌の有無が大きいのでは」と分析する。また、現在までにハッカチョウが自然界に与える影響についての研究データはなく、「外来種といえども命あるもの。人間の捉え方による部分もあり、研究所の立場としては科学的な裏付けがなければ『害鳥』と判断はできない」と話していた。
 

上永谷駅付近を飛ぶ群れ(写真は昨年)
上永谷駅付近を飛ぶ群れ(写真は昨年)

港南区版のトップニュース最新6件

港南台に大規模病児保育室

女子9年ぶり頂点に

横浜南陵高ボウリング部

女子9年ぶり頂点に

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

公的機関連携で団地再生

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

「種まきから芽吹きへ」

齊藤区長インタビュー

「種まきから芽吹きへ」

1月5日号

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

2月3日(土)税の無料相談会

13時~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食と工芸の「大九州展」

京急百貨店

食と工芸の「大九州展」

鹿児島特集

1月24日~2月1日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク