港南区・栄区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

大津スイミング プールの水で災害に備え 港南消防署と覚書締結

社会

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena
覚書を締結した大津社長(右から2人目)と松田署長(同3人目)
覚書を締結した大津社長(右から2人目)と松田署長(同3人目)

 大規模地震などの発生時に備え、(株)大津スイミング企画(大津政美代表取締役社長)は11月10日、港南消防署(松田康博署長)との間で協力関係を結ぶ覚書を締結した。スイミングクラブのプール用水などを消火活動に使用するためのもので、同様の覚書は港南区内2例目となる。

 同社のスイミングクラブがある下永谷地区は、河川があるものの夏場には水不足となる場合があるほか、震災時にはがれきなどで取水できないおそれもある。そのため「プールの水が使えれば、安定的な取水が期待できる」と港南消防署芹が谷消防出張所の近藤敬出張所長は今回の覚書のねらいを話す。また、一般的な防火水槽の容量が約40㎥であるのに対し、大津スイミングクラブのプールには約320㎥の豊富な水がある。

 締結式で松田署長は「水は消火活動の支え。消防団とも連携して、より訓練に励みたい」とあいさつ。また当日、実際にプールの水を使った放水訓練も実施した=写真左。下永谷連合町内会の武田信雄会長は「地域としてはまず火を出さないことが大事だが、いざという時の安心としてありがたい」と話していた。

 大津社長は、港南消防団の団長も務めており、「地域のために協力できることはできる限り取り組んでいきたい」と語り、「同業者にも声をかけ、協力を広めていければ」と話していた。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

地元商店街を動画で紹介

港南台・本郷台

地元商店街を動画で紹介 経済

コロナ禍でも「お店知って」

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

区民活動の拠点新たに

港南区

区民活動の拠点新たに 文化

旧区役所跡地に移転

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

「ハサップ」控え、準備着々

港南区食品衛生協会

「ハサップ」控え、準備着々 社会

衛生管理の義務化に向け

3月25日号

リニューアルは4月22日

無印の食品売場は5月 港南台バーズ

リニューアルは4月22日 経済

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク