港南区・栄区版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

丸山台商店会の事務局兼カフェとして開店した「いちょう坂カフェ」を店長として盛り上げる 葵 俊亮さん 笹下在住 38歳

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena

街が活気にあふれるように

 ○…丸山台商店会の魅力を発信するカフェが上永谷駅前にオープンした。商店会からコンサルタントを任された企業の一員として、2013年から各商店を紹介する冊子の制作や商店会の愛称となっている「いちょう坂」の公募プロジェクトなどを支えてきたが、今後は商店会事務局を担うカフェの店長として期待がかかる。「まずは街の人が安心して一息つける場所に。そこで商店会をPRし、地域と商店を繋いでいきたい」

 ○…転機は商店会から指名を受けて一任された14年の駅前夏祭り。将来を見据えて「新しいことをやっていく気持ちがあるなら、若手に任せてみませんか」と提言した。以来、若手が積極的に関わり始めるようになり、15年3月には初の歩行者天国イベントが実現。行政への書類申請や関係団体との調整など、多忙な商店主に代わって事務を一手に担い、裏方としてホコテンの成功を支えた。「大きな手応えがあったからこそ、今後を考えさせられた」。そして湧いてきた思いは、「自分がもっと時間を使えたら、いろんなことが改善できるんじゃないかな」。

 ○…青森県下北郡(現・むつ市)出身で高校卒業と同時に上京。「とにかく都会に出て音楽をやりたかったから」と、25歳で区切りをつけるまでは関内のライブハウスでバンド活動を続けた。いくつもの職種を経て辿り着いた今の会社では、広告デザインからイベント運営まで販促全般を任され、赤レンガ倉庫でイベントを手がけたことも。「基本的には出たとこ勝負。やったことがなくても臆したりはしない」。現場で身につけた感覚と度胸は、商店街の大きな力となっている。

 ○…「休みの日も今はカフェのことで頭がいっぱい」。一番の癒しは、小学4年の息子や年長の娘と過ごす時間だ。「頼りになる人が商店会には多く、アイデアでも助けてもらってる」。不安の声がないわけではない。それを覆すやりがいに自然と力が入る。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

5月に50年を迎える全日本新芸書道会の会長を務める

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

東永谷出身 57歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook