港南区・栄区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

11月29日に開催する「和太鼓コンサート」が20年目を迎える 丸山 二郎さん 丸山台在住 67歳

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena

和太鼓の可能性に挑む

 ○…趣味で始めた和太鼓のコンサートが今年20年目を迎える。今年はこれまでよりも一層、思い入れが強い。「死ぬまでに、ご一緒したかった」という20年来の憧れの和太鼓奏者・藤本吉利さん(鼓童所属)をゲストに迎え、2人でのコラボレーションも実現させる。「毎年来てくれるお客様もいる。楽しんでほしい」と意気込む。

 ○…東京生まれの新潟育ち。高校卒業後に料理人を志し、日本料理の世界に入った。無我夢中になって働き、店を掛け持ちしたことも。自身の姓と重なる「丸山台」という地名に縁を感じ、30歳で「日本料理 円山」を構えた。和太鼓に出合ったのは23年前。「野毛大道芸」の催しの一幕で、料理人として出場したときだ。控室にいたところ、出演する和太鼓奏者と話す機会があった。以前から和太鼓に興味を持っていたため、「指導者を紹介してほしい」と相談。コンサートのプロデューサーとしてずっと二人三脚で歩んでいるヒダノ修一氏を紹介され、本格的に始めることになった。

 ○…「和太鼓が持つ特別な空気、音が空気を動かす雰囲気がいい」と話す。それまで楽器に触れたことはなかったが、瞬く間にその魅力に引きこまれた。始めて3年目でコンサートを開催。「気軽に聴いてほしい」という思いもあり、ヒダノ氏の曲目「道草」から着想を得て「ちょっと道草IN横浜」と名づけた。20年間地道に続け、昨年までの19年間での来場者数は1万人を超えた。

 ○…「料理と和太鼓には共通点がある。コース料理の組み立てと同様に、和太鼓も”序破急”で構成される。季節感やこだわりを出していかないといけない」。強く心を注ぐからこそ、「それぞれの文化を継承しなければ」という使命感が強くある。「和太鼓が持つ可能性は大きい。音楽のジャンルにとらわれず、さまざまな表現方法に挑戦していきたい」。和太鼓の音が作り出す可能性を模索する。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook