港南区・栄区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

南高附中 将棋団体戦で東日本大会へ 3人が県予選勝ち抜く

文化

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
小中学校将棋団体戦・東日本大会へ駒を進めた南高附属中の(左から)板垣君、湯川君、平田君の3人
小中学校将棋団体戦・東日本大会へ駒を進めた南高附属中の(左から)板垣君、湯川君、平田君の3人

 横浜市立南高校附属中学校に通う湯川奏太君(3年)、板垣匡彦君(3年)、平田貴之君(2年)が先月24日、文部科学大臣杯第14回小中学校将棋団体戦の神奈川県予選ブロックを勝ち抜いた。26日に都内で行われる東日本大会への出場権を勝ち取った。

 「一局一局が難しく、どちらが勝ってもおかしくない戦いだった。2人がいて心強かった」と振り返るのは、大将としてチームを率いた湯川君。

 同大会は同じ小学校・中学校に在籍する生徒3人で編成されたチームで行う団体戦。中学生の部には県内の134チームから書類選考で選ばれた40チームが参加した。4チームずつのリーグ戦、最終順位戦を行った。

 同校は3チームと対戦した予選リーグを全勝し、1位で通過。それぞれの予選を勝ち抜いた湘南学園中学校Aと平塚中等教育学校Aに勝利し、Bリーグで優勝した。

 5局を全勝した板垣君は「相手は全体的に強く、指すのに時間が掛かった」と振り返る。平田君は「去年はあと一歩のところで優勝を逃した。今年は勝つ気持ちを強く持って臨んだ」と話した。

「やればやるほど上達」

 3人はそれぞれ、父親の影響を受けて将棋を始めたという。

 湯川君と板垣君は小学生の時に同じ将棋教室に通い、同大会の小学生の部にも出場した。南高附属中に将棋部はないが、2人は中学1年生の時に同校の先輩とチームを組んで出場。勝ち抜いて東日本大会に駒を進めたが、思い通りの将棋ができなかった。先輩から平田君を紹介され、チームに誘ったという。

 「やればやるほど上達が目に見えるのが楽しい」と板垣君。湯川君は「年代に関係なく、色々な人と指せるから、いつまでやっても飽きない」のが将棋の魅力だという。

東日本大会へ意気込み

 東日本大会は26日、浅草橋ヒューリックホールで行われる。32チームが出場し、上位2チームが決勝大会へ駒を進めることができる。西日本大会の上位2チームの計4チームが日本一校を決定する。

 東日本大会に初めて出場する平田君は「初めてのことで不安も感じるが、チームのために全力を尽くしたい」と話す。板垣君は2年前の思いを胸に「前回は負けてしまったけど、今回は勝ちにいきたい」と意気込む。湯川君は「しっかりと個々の準備を重ねて試合に臨みたい。精一杯全力を尽くす」と語った。

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

親子で楽しむ郷土史発行

港南歴史協議会

親子で楽しむ郷土史発行 文化

全頁にイラストや写真

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

静かにゆったり20周年

青空太極拳の会

静かにゆったり20周年 スポーツ

健康づくり、交流の場

11月19日号

大津前団長の受章祝う

港南消防団

大津前団長の受章祝う 社会

春の叙勲で瑞宝単光章

11月12日号

子と保護者に手話を

聴覚障害児支援

子と保護者に手話を 社会

県の事業、栄区内で始まる

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク