港南区・栄区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

南高附中 将棋団体戦で東日本大会へ 3人が県予選勝ち抜く

文化

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
小中学校将棋団体戦・東日本大会へ駒を進めた南高附属中の(左から)板垣君、湯川君、平田君の3人
小中学校将棋団体戦・東日本大会へ駒を進めた南高附属中の(左から)板垣君、湯川君、平田君の3人

 横浜市立南高校附属中学校に通う湯川奏太君(3年)、板垣匡彦君(3年)、平田貴之君(2年)が先月24日、文部科学大臣杯第14回小中学校将棋団体戦の神奈川県予選ブロックを勝ち抜いた。26日に都内で行われる東日本大会への出場権を勝ち取った。

 「一局一局が難しく、どちらが勝ってもおかしくない戦いだった。2人がいて心強かった」と振り返るのは、大将としてチームを率いた湯川君。

 同大会は同じ小学校・中学校に在籍する生徒3人で編成されたチームで行う団体戦。中学生の部には県内の134チームから書類選考で選ばれた40チームが参加した。4チームずつのリーグ戦、最終順位戦を行った。

 同校は3チームと対戦した予選リーグを全勝し、1位で通過。それぞれの予選を勝ち抜いた湘南学園中学校Aと平塚中等教育学校Aに勝利し、Bリーグで優勝した。

 5局を全勝した板垣君は「相手は全体的に強く、指すのに時間が掛かった」と振り返る。平田君は「去年はあと一歩のところで優勝を逃した。今年は勝つ気持ちを強く持って臨んだ」と話した。

「やればやるほど上達」

 3人はそれぞれ、父親の影響を受けて将棋を始めたという。

 湯川君と板垣君は小学生の時に同じ将棋教室に通い、同大会の小学生の部にも出場した。南高附属中に将棋部はないが、2人は中学1年生の時に同校の先輩とチームを組んで出場。勝ち抜いて東日本大会に駒を進めたが、思い通りの将棋ができなかった。先輩から平田君を紹介され、チームに誘ったという。

 「やればやるほど上達が目に見えるのが楽しい」と板垣君。湯川君は「年代に関係なく、色々な人と指せるから、いつまでやっても飽きない」のが将棋の魅力だという。

東日本大会へ意気込み

 東日本大会は26日、浅草橋ヒューリックホールで行われる。32チームが出場し、上位2チームが決勝大会へ駒を進めることができる。西日本大会の上位2チームの計4チームが日本一校を決定する。

 東日本大会に初めて出場する平田君は「初めてのことで不安も感じるが、チームのために全力を尽くしたい」と話す。板垣君は2年前の思いを胸に「前回は負けてしまったけど、今回は勝ちにいきたい」と意気込む。湯川君は「しっかりと個々の準備を重ねて試合に臨みたい。精一杯全力を尽くす」と語った。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter