港南区・栄区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

横浜市建築士事務所協会の港南支部長として支部の事務を担う 永野 正之さん 港南区芹が谷在住 50歳

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

必要とされる「お役立ち」を

 ○…この春、市内の建築士事務所経営者からなる一般社団法人「横浜市建築士事務所協会」港南支部の支部長に就いた。会員の連絡や調整などを支えるのが主な役割で、「大先輩たちが多い中で力不足かもしれないが、後ろ盾を頂きながら、これまで築いてこられたものをさらに発展させていきたい」と控えめに語る。

 ○…同会は市からの委託を受けて市営住宅の法令点検業務などを担う。また災害時に応急仮設住宅がどれだけ建てられるかというデータ収集のため、市有地の調査もしている。「災害が起きてからでは対応できない。地道な調査や点検が、いざという時に役立つ情報になれば」。会員同士はボウリングやゴルフでも交流を重ねているが、「業務の中で分からないことに直面した時は相談にも乗ってもらえる。そういう存在はとても心強い」。

 ○…地元も港南区で上永谷中、野庭高(当時)の出身。20歳で転職した不動産会社では最年少で店長になり能力を発揮した。持ち前の明るさで「運の良い、明るい店にしよう」とスタッフを呼びかけ、その姿勢は4年前に港南区丸山台で開業した(株)マイホーム・スタジオでも一貫している。アパートや戸建の設計建築から不動産仲介、リフォームまで、住まい全般の相談に対応する中で、大事にしているのは「お役立ち」という言葉。「顧客はもちろん、従業員や時には同業者にとってもそういう存在であれたら」

 ○…3人で始めた会社だったが、4年間でスタッフは10人にまで増えた。経営者としてその家族の生活をも背負う立場だが、「必要とされているということは、やはり大きなやりがい」と力を込める。同社の当面の目標は「納税額1億円」というユニークなもの。「そこに軸足を置いた視点を常に大事にしていきたい」

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

生川 春枝さん

こうなん文化交流協会会長として港南区区民文化祭を開催した

生川 春枝さん

日限山在住 

12月2日号

瀧脇 信さん

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める

瀧脇 信さん

横浜市出身 24歳

11月11日号

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook