港南区・栄区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

障がい啓発ポスターが話題 港南区自立支援協議会が作成

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
掲示されているポスター
掲示されているポスター

 港南区自立支援協議会が昨年8月に作成した障がい者の行動を理解してもらうための啓発ポスターが駅やバス車内などに掲示され、「分かりやすい」と話題になっている。分かりやすい説明文に優しい雰囲気のイラストに仕上げた。

 啓発ポスターは、障がいによる様々な行動を紹介し、理解してもらおうと、港南区障害者団体連絡会の早坂由美子会長が発案。港南区役所と港南区社会福祉協議会が協力して作成し、上大岡駅や港南中央駅などのほか、市営バスや商業施設で掲示した。

 イラストでは例えば、施設の待合室を設定し、障がい者が気持ちを落ち着かせたり、不安を解消させたりするために行う行動を「うろうろ」や「大きな声」「ぴょんぴょんぐるぐる」といった分かりやすい言葉を用いて紹介している。

 早坂さんの次男の拓真さんには重度の知的障害がある。その行動が周囲から奇異な目や冷たい視線を向けられることも多かったという。障がい者に対する理解を深めるためには周囲の人たちの目が要だと考え、区役所に相談し、作成にいたった。

 イラストは区社協の職員が手掛け、手書きの字体や文字のフォントにもこだわりを持って仕上げた。

 掲示当初はポスターの反響はいまいちだったというが、SNSで「分かりやすい」「見やすい」などと発信がされ、全国的に広がった。教育委員会や自治体などからの使用依頼があるほか、東京オリンピック・パラリンピックを紹介する本の中でも大きく取り上げられている。

 早坂さんは「行動を見かけた場合にはあたたかく見守っていてほしい」と話す。

 区役所職員は「ブームで終わるのではなく、継続して活動に取り組んでいきたい」と話している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

上大岡をハロウィンで1つに

上大岡をハロウィンで1つに 経済

10月27日に一大イベント

10月17日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月17日号

飯島小に文科大臣奨励賞

飯島小に文科大臣奨励賞 教育

地域一丸の自然教育を評価

10月10日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額な整備費

10月10日号

地域への奉仕続け50年

横浜港南RC

地域への奉仕続け50年 社会

11月に区と共催事業も

10月3日号

「ゆるスポーツ」普及へ

市体協

「ゆるスポーツ」普及へ 教育

豊田小で体験教室

10月3日号

友好都市をパネルで紹介

友好都市をパネルで紹介 社会

栄区内の公共施設を巡回

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク