港南区・栄区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

ラポール上大岡オープン 障害者スポーツの拠点

スポーツ

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
くす玉割りで施設誕生を祝う関係者
くす玉割りで施設誕生を祝う関係者

 障害者のスポーツ拠点「障害者スポーツ文化センターラポール上大岡」が10日、 港南区上大岡西にオープンした。東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、スポーツや文化活動を通じた障害者の健康支援などを充実させるための拠点づくりが目的。

 ラポール上大岡は、1992年に開設された横浜ラポール(港北区)に次いで同様の施設としては2施設目。上大岡駅から直結というアクセスしやすい「ゆめおおおかオフィスタワー」の6階から8階にあり、延べ床面積は約2000平方メートルでラポール横浜の10分の1程度の規模。

 2012年に一部の利用が停止された施設跡を横浜市が約3億円かけて改修し、体育室やトレーニング室、フィットネススタジオ、展示コーナーなどを整備した。多目的トイレや多目的更衣室、視覚障害者用誘導マット、ポータブル磁気ループなどを設置し、障害者が利用しやすい環境を整えた。運営するのは横浜ラポールと同様に「社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団」。

 主な事業は▽地域支援▽情報発信▽健康増進▽創作・表現活動支援--の4つで、障害者が地域の活動拠点で活動できるように支援する。利用者にあった個別のプログラムを提供するのが大きな特徴で、機器を使って身体の状態を測定し、利用者にあったメニューづくりに取り組む。

 9日には開所式が行われた。関係者や行政職員、議員らが出席し、待望の施設誕生を祝った。

 あいさつに立った市健康福祉局の田中博章局長は「今年はオリンピック・パラリンピックが行われ、かつてなく障害者スポーツや文化活動に注目される。これを機により推進していきたい」と話した。

 港南区連合町内会長連絡協議会の藤田誠治会長は「地域の人と障害者の絆、つながりができる施設になるといい」と期待を寄せた。

 また横浜市身体障害者団体連合会の井上彰理事長は「横浜ラポールで積みあげてきた知恵と工夫を大いに生かしてほしい。これからは共生の時代。様々な交流を通じ相互理解が深まり、支えあいが自然になる。障害者の思いや声を受け取ってほしい」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

読書活動推進へ新目標

栄区

読書活動推進へ新目標 文化

10月1日から区民意見募集

9月24日号

菅氏、新首相に

菅氏、新首相に 政治

横浜から初の総理大臣

9月24日号

フェイスサーモを導入

栄区3地区センター

フェイスサーモを導入 社会

入館者の検温スムーズに

9月17日号

所有者の責務を義務化

空き家対策

所有者の責務を義務化 社会

市が条例案骨子を発表

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

高低差解消に「モノレール」

貞昌院

高低差解消に「モノレール」 社会

誰でも気軽にお墓参り

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク