港南区・栄区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

男子バスケ 港南中が県で準優勝 速攻重視スタイルが奏功

スポーツ

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
県大会で準優勝した港南中バスケ部男子のメンバー
県大会で準優勝した港南中バスケ部男子のメンバー

 港南中学校バスケットボール部男子が1月11日から26日にかけて行われた県新人大会で準優勝に輝いた。1、2年生の新チームは攻撃力重視で勝負強さを見せた。

 県新人大会は市内の各ブロック大会、市大会を勝ち上がった県内64校で争われる1、2年生の大会。港南中は市大会2位で県大会に進んだ。

 県大会決勝で酒匂中(小田原市)に54対72で敗れたが、部長の田制優芽君(2年)は「骨折で出られないメンバーもいた中、皆で補い合い、仲間の大切さをより感じた」と大会を振り返る。

「1試合80得点」を

 昨夏3年生が引退してスタートした新チームは部員27人中、2年生が18人と多い。顧問の宮崎智史教諭(29歳)は「できる子もできない子も皆仲が良いのがチームの良いところ」と評する。夏から「攻撃重視」を掲げ、攻撃の練習に多くの時間を費やしてきた。チームの方針は部員たち自身が決めており、具体的な目標としたのが「1試合80得点」という。「そうなると大敗したりはしないし、試合も面白くなる」と宮崎教諭は語る。

 その言葉通り、港南中はブロック大会から県大会まで点を取り合うハイスコアゲームを競り勝ってきた。速攻主体で相手の守備が整う前にためらわずシュートを打つのが特徴で、テンポ良く大量得点を続けた。また相手にリードされる試合展開でも集中力を切らさず、粘って逆転勝ちする試合も少なくなかった。

残り1・1秒で1点差

 今大会の中でも劇的だったのが県大会準決勝・西本郷中(栄区)との一戦。第3クオーター終了時点で15点リードの港南中だったが、最終第4クオーターで大量失点し、逆転を許してしまう。残り1・1秒で1点のビハインド。諦めずにブザーと同時に放った3点シュートが決まり、98対96で試合を終えた。

 そんなチームの課題はやはり「守備」という。チームとして一対一を強化したいという田制君は「結局は負けて終わってしまったという悔しさがある。県内の強いチームと戦った経験を生かして、夏はもっと上を目指したい」と力を込めた。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

救急搬送に安全バンド発案

芹が谷消防出張所

救急搬送に安全バンド発案 社会

コンテストで優秀賞

3月26日号

栄区、上昇に転じる

公示地価

栄区、上昇に転じる 社会

港南区は上昇も伸び率減

3月26日号

ひぎりの50年を写真で

ひぎりの50年を写真で 社会

港南区役所にパネル展示

3月19日号

旧港南工場敷地に決定

市南部病院移転先

旧港南工場敷地に決定 社会

2027年の開院へ

3月19日号

街の魅力&危険をマップに

港南台

街の魅力&危険をマップに 社会

住民目線の情報を共有

3月12日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク