港南区・栄区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

19年度みどりアップ 緑地指定、目標達成ならず 栄区は7haで堅調

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
環境創造局が公表した報告書
環境創造局が公表した報告書

 横浜市はこのほど「横浜みどりアップ計画」による2019年度の事業の実績を発表した。緑地保全制度によって全市で新規指定する目標を60ヘクタールとしていたが、47・2ヘクタールで目標を達成できなかった。栄区は7ヘクタール、港南区は1・1ヘクタールだった。

 報告書では緑地保全制度による新規指定面積や水田の保全面積のほか、農園の開設件数や維持管理の助成、イベントの実施状況など27項目の事業の実績をまとめた。

 土地所有者ができるだけ樹林地を持ち続けることができるように固定資産税の減免の優遇措置などが可能となる「緑地保全制度による新規指定」については、2019年度の市内全域の目標を60ヘクタールとしてきたが、実績は47・2ヘクタールだった。そのうち市による買い取りは19・2ヘクタールだった。

 栄区では上郷町と小菅ケ谷3丁目を緑地保存地区として0・7ヘクタール、公田町の2件を源流の森保存地区として6・3ヘクタールを新規指定した。市の買い取りがあったのは▽上郷・尾月特別緑地保全地区▽上郷町瀬上特別緑地保全地区▽上郷・中野特別緑地保全地区--の3地区。

 港南区は野庭・上永谷町特別緑地保全地区について1・1ヘクタールを指定拡大した。市の買い取りがあったのは▽野庭町特別緑地保全地区▽下永谷市民の森--の2地区。そのほか、港南台北公園こどもログハウスや区庁舎、コミュニティハウスなど10カ所の公共施設・公有地で緑の創出・育成を進めた。

 市内で最も新規指定が進んだのは20・7ヘクタールの旭区。次いで10・4ヘクタールの金沢区。栄区が3番目だった。一方、西区や磯子区、鶴見区など都心部や臨海部では新規指定が進まない区もあった。

 横浜市では2009年度から、横浜みどり税を財源の一部として森や農景観の保全などを推進する「横浜みどりアップ計画」に取り組んでいる。

 新規指定の進捗について、市環境創造局の担当者は「2019年度の目標は達成できなかったが、みどりアップ計画前と比べると一定の指定は進んでいる。指定が進まない区では緑をつくる取り組みを進めていきたい」と話している。

 同報告書は各区役所のPRボックスに配架されているほか、同局のホームページで閲覧できる。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

静かにゆったり20周年

青空太極拳の会

静かにゆったり20周年 スポーツ

健康づくり、交流の場

11月19日号

大津前団長の受章祝う

港南消防団

大津前団長の受章祝う 社会

春の叙勲で瑞宝単光章

11月12日号

子と保護者に手話を

聴覚障害児支援

子と保護者に手話を 社会

県の事業、栄区内で始まる

11月12日号

念願のコミカフェ開店

日野南

念願のコミカフェ開店 社会

「地域の誰もが集えるよう」

11月5日号

交通課題解消へ実証実験

上郷ネオポリス

交通課題解消へ実証実験 社会

モビリティを住民が運用

11月5日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク