港南区・栄区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

栄区の傾聴サークル オンラインで話し相手に コロナ禍でも活動再開

コミュニティ社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
画面越しに交流する参加者
画面越しに交流する参加者

 高齢者施設などで利用者の話し相手となるなど傾聴活動を続けている栄区の「ミミバジル」がこのほど、オンラインでの傾聴活動を始めた。コロナ禍で直接面会することが難しい中、画面越しの温かな交流が再開した。

 「お久しぶりです。お元気そうですね」。そう言って画面に向かって笑顔で手を振るのは、栄区の傾聴サークル「ミミバジル」事務局長の白川正信さん。今年1月から始めた「オンライン傾聴会」は3月9日の開催で4回目を迎えた。

 栄区社会福祉協議会の団体交流室に設置されたパソコンはインターネットで高齢者施設と繋がっており、この日はグループホームひかり横浜戸塚(戸塚区柏尾町)の利用者がモニターに映し出されていた。

 お互いにカメラの前に座る人が変わると、今度は出身地の話から趣味の話まで、和やかな交流が続いていた。

施設へ入れず活動中断

 ミミバジルは2013年から、豊田地域ケアプラザで傾聴講座を受けたメンバー7人で活動してきた。高齢者施設を訪問し、話し相手になるなどして傾聴活動に取り組んできたが、昨年2月以降はコロナの影響で施設への立ち入りができなくなり、活動は中断していたという。

 だが、高齢者施設のアンケートでオンラインでの傾聴にニーズがあると知り、昨年12月からZoomの勉強会などを行って実現に漕ぎつけた。

 施設側からは早速、「皆さん喜んでおり、お話を聞いて頂けることが嬉しいようです」との声が届いているという。白川さんは「顔を見ながら話せるのはいい。ご家族がいる方はまだいいが、身寄りのない方などはこのコロナ禍でどうしているか心配だった」と思いを語る。

 一定の手応えを感じつつも、白川さんは「こういうのが苦手な人もいると思う。施設内で良さが知れ渡って、話してみようかなと思ってもらえたら嬉しい」とした。
 

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter