港南区・栄区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

横濱アイス工房長沼工場 食品安全の国際規格取得 栄区内で初認証

経済

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
登録証を手にする久保清美副工場長
登録証を手にする久保清美副工場長

 (株)小野ファーム(小野利和社長/本社・戸塚区上倉田町)の「横濱アイス工房」の製造工場(栄区長沼町)がこのほど、食品安全管理の国際規格である「FSSC22000」の認証を受けた。中小規模の事業所での認証は珍しく、国内でも数件だという。

 FSSC22000は食品安全マネジメントシステムの最高峰となる国際規格で、認証機関の一つである(株)日本環境認証機構が判定した。国内取得事業所は2706カ所あり(5月10日現在)栄区では唯一となった。

 横濱アイス工房長沼工場の従業員は現在7人。2019年に食品安全管理のガイドライン「HACCP」認証を取得。その有効期限となる今年6月を前により厳しい国際規格を目指し、従業員らがチームを組み1年以上かけて課題解決に奔走した。1月に同機構の審査員が一次審査に訪れ、3月の二次審査では4日間かけてチームと審査員が議論の上、さらなる課題が出された。そして同機構の判定委員会から4月23日、認証を受けた。

衛生管理の記録が要

 規格で求められるのは、消費者に安全な食品提供を行うための管理システムの確立。同社の大友晃顧問によると、一番苦労したのは「管理の記録」だと話す。上倉田町の牧場から生乳を工場へ運搬し、アイスとして出荷するまでの温度管理や殺菌工程、時間、量などを逐一記録し、追跡調査ができる仕組み作りを行った。さらに衛生管理徹底のため、アイスをカップに詰める充填機を手動から自動に切り替え、ビニールの内蓋ができるようにした。久保清美副工場長は「チームで会議を重ねて規格に対する理解を深められた。これをきっかけにより多くの人に知ってもらえたら」と喜びを語った。

充填機導入で生産効率も向上
充填機導入で生産効率も向上

港南区・栄区版のトップニュース最新6

ひまわり畑、2年ぶり開放

上大岡駅東口

ひまわり畑、2年ぶり開放 社会

きょう22日から11日間

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

保育所半数で定員割れ

横浜市

保育所半数で定員割れ 社会

ニーズの変化一因に

7月15日号

素案への区民意見を募集

栄区地域福祉保健計画

素案への区民意見を募集 社会

8月11日まで受付

7月15日号

港南台ジュニアが県制覇

小学生バレー

港南台ジュニアが県制覇 スポーツ

男女混合チームで

7月8日号

証明書セルフ手続き促進

栄区役所

証明書セルフ手続き促進 社会

1階にマルチコピー機

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter