中区・西区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

太陽光導入に補助金 HEMSモニター募集も

社会

 横浜市は地球温暖化対策の一環として、今年度も太陽光発電システム・太陽熱利用システムの設置費用の補助を行っている。

 太陽光発電システムの設置補助金額は、1kWあたり3万円(上限11万2千円・神奈川県との一体助成)で、募集期間は平成24年2月15日まで。募集件数約2千件(予算額に達した時点で受付終了)で、6月16日現在の受付状況は922件となっている。

 太陽熱利用システムの補助金は自然循環型で4万円、強制循環型で8万円。こちらも期間は2月15日までで、件数は約100件(同条件)を募集している。

 詳細は横浜市環境創造局環境エネルギー課分室【電話】045・671・4225まで問合せを。

実証実験モニター募集

 横浜市では更に、低炭素都市の実現に向けた「横浜スマートシティプロジェクト」の一環として、中区や西区など、市内5区の市民を対象に、太陽光と電力管理システムの実証実験への参加者を募集している。

 これは、戸建に太陽光発電システム(PV)とホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)をセットで設置し、HEMSにより部屋別や電気製品ごとの消費電力を「見える化」して一層の省エネ・節電に役立てようというもの。

 設置の助成金は20万円(太陽光2kW以上)。募集は12月22日まで。約1千件で締切。インターネットの常時接続や実験へのデータ提供など諸条件あり。

 詳細問合せは横浜市温暖化対策統括本部【電話】045・671・4155まで。

木造住宅の無料耐震診断 改修工事費に一部補助金

 市民の耐震対策を支援しようと、横浜市では木造個人住宅の無料耐震診断を実施している。

 対象となるのは、昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工したもので、2階建て以下の在来軸組構法の木造個人住宅。市長認定の「木造住宅耐震診断士」を派遣し、3時間程度の調査を行う。

 同調査の結果、総合評点1・0未満(「やや危険」又は「倒壊の危険あり」)と判定された人を対象に、専門の相談員を無料で派遣し、耐震結果の説明や改修費用等についての相談に応じる。

 また、市では同調査の総合評点1・0未満の木造個人住宅を対象に、耐震改修工事費の一部を補助する制度を設けている。東日本大震災を受け木造住宅の耐震化の一層の促進を図ろうと、期限付きで限度額を増加し、一般世帯では225万円を上限に補助を交付している。

 同事業への問合せ、申し込は横浜市建築事務所協会事務局【電話】045・662・2711。詳細は横浜市建築局ホームページを参照。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク