中区・西区版 掲載号:2017年9月28日号
  • LINE
  • hatena

県土地家屋調査士会 災害時の被害調査で協定 罹災証明を迅速に

政治

黒岩知事や古谷市長会会長らが出席
黒岩知事や古谷市長会会長らが出席
 神奈川県土地家屋調査士会(鈴木貴志会長)は、災害時における家屋被害認定調査などに協力する協定を県および県内市町村と締結した。9月21日には県庁本庁舎で黒岩祐治知事をはじめ、県市長会会長の古谷義幸秦野市長、県町村会会長の冨田幸宏湯河原町長らが出席し、協定調印式が行われた=写真。

 この協定は、災害時に市町村または県の要請により土地家屋調査士が建物の被害状況を調査するというもの。災害時は行政資源が人命救助などに集中投下されるため、対応が遅れがちな罹災証明を同会メンバーが迅速に行う。

 黒岩知事は「災害後の復旧に皆さまの力はとても重要」と話していた。県の安全防災部では「生活再建を円滑に進めるためにも、この協定は大きな意味がある」と指摘した。

2/12家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク