中区・西区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

南本牧ふ頭 ごみ最終処分場が開設 市、50年の長期使用めざす

政治

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
南本牧ふ頭内の廃棄物最終処分場
南本牧ふ頭内の廃棄物最終処分場

 南本牧ふ頭に整備された新たな廃棄物最終処分場が、10月22日に開設される。本格稼働は来年4月以降で、その後は、横浜市内の一般家庭からでるごみの全焼却灰が埋め立てられる。市資源循環局では50年の長期使用を掲げ、より一層のごみの減量化などに取組む方針だ。

 開設されるのは、2007年度から10年かけて整備された「南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場」。南本牧ふ頭の北側に位置し、現在稼働している第2ブロック処分場(今年度末埋立終了予定)のとなりにある。

 埋立面積は、横浜スタジアムの6・3倍の16・4ha。水深は約35mで埋立可能な容積は400万㎥、東京ドームの3・2杯分にあたる。

 埋め立てられる廃棄物は、一般家庭からでる生ごみなどの可燃ごみの焼却灰と、陶器などの不燃ごみ、また産業廃棄物も一部受け入れる。埋立海面の周りは、遮水護岸で囲み汚染を防止。また、汚染水があふれ出ないよう排水処理施設を完備している。

 現在、市内で稼働している最終処分場は海面を使用した南本牧のみで、内陸部に位置する神明台処分地=泉区=は、11年に埋立を終了している。

 最終処分場に埋め立てられる廃棄物の量は16年度現在、年間約12万㎥。1993年の第2ブロック開設当時と比べて3分の1程度まで減っているものの、新処分場の容量は400万㎥で、このままだと33年程度でいっぱいになる計算だ。

 一方、市は50年の長期使用をめざしており、一層のごみの減量化や焼却灰の資源化に取組むとしている。

 市処分地管理課は「370万人分のごみが埋め立てられることを考えれば、新処分場とは言え、容量に限りがある」と話し、分別の徹底などごみの減量化を呼びかけている。

 市では、南本牧第5ブロック処分場の見学を受け付けている。問合せは同課【電話】045・671・2560。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

女性団員、連携し定期訓練

中区3消防団

女性団員、連携し定期訓練 社会

日中の対応力向上に

1月28日号

地域住民集う「菜園」に

地域住民集う「菜園」に 社会

浅間町に新たな交流拠点

1月28日号

野毛大道芸 新たな形で

野毛大道芸 新たな形で 文化

屋内で人数制限し、開催

1月21日号

宿館屋上でグランピング

寿地区

宿館屋上でグランピング 経済

新たな魅力創出に

1月21日号

3館合同で初の作品展

本牧原

3館合同で初の作品展 コミュニティ社会

コロナ禍 活動発表の場に

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 経済

市、一部補助も

1月14日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク