中区・西区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣 コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 ポリープ治療の注意点は? 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長

 Q・大腸ポリープを内視鏡で切除してもらった所、一部に癌が含まれていました。大丈夫でしょうか?

 A・癌が粘膜内であれば、内視鏡治療で切除可能です。

 大腸ポリープは、ポリープを形成する細胞によって腺腫性ポリープ、過形成性ポリープ、炎症性ポリープなどに分類されます。治療が必要なポリープは、腺腫性ポリープと大きな過形成性ポリープです。腺腫性ポリープは大きくなると癌化すると考えられており、本邦の報告では径5mm以下のポリープは癌化率0・46%、径6〜9mmでは3・3%、径10mm以上では28・2%程度とされています。

 大腸粘膜は内側から、粘膜層、粘膜下層、筋層、漿膜の層構造になっています。癌が粘膜内であれば、リンパ節転移はないため、内視鏡で切除可能です。問題は粘膜下層に達している癌です。粘膜下層の深くにまで癌が入り込んでいると、10%程度のリンパ節転移がありえるため、外科的手術をした方が良いか検討します。

 内視鏡で切除したポリープは顕微鏡で検査をします。切除断端、癌細胞の有無、癌が存在する場合は癌細胞の性状・広がり具合・血管やリンパ管の状態を調べ、完全に切除できているか、追加治療の必要がないかを正確に判断します。

 万が一、癌が見つかってもごく早期であれば内視鏡で切除することが可能です。定期的に大腸内視鏡検査を受けましょう。特に、血縁者に大腸癌になった人がいる方、喫煙される方、飲酒量の多い方、および肥満傾向の方は大腸癌のリスクが高いことが知られておりますので大腸検査をおすすめします。

 何かご不明な点がございましたら、気軽にご相談ください。

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

GEМS横浜 10月17日グランドオープン

女子会・会食・宴会、すべてを名店で

GEМS横浜 10月17日グランドオープン

先着1000名に「お試し1500円チョイス」を無料サービス

10月17日号

「健診・人間ドックの活用法」

検査結果の見方を知って、今よりもっと健康に!! 横浜クリニック

「健診・人間ドックの活用法」

11月2日(土)、大腸がん予防法も知れる無料講座

10月17日号

「最新補聴器で快適な毎日実感しよう」

「最新補聴器で快適な毎日実感しよう」

聞こえに不安を感じたら早めの相談を

10月17日号

月5千円から利用可能

日ノ出町駅前

月5千円から利用可能

フィットネスクラブエイムブルーゲート 解放感ある上質空間

10月17日号

初めての補聴器選び

初めての補聴器選び

パナソニック補聴器 プラザ横浜

10月17日号

秋バラ見頃に

秋バラ見頃に

横浜イングリッシュガーデン

10月17日号

不動産の悩みがある

相談会

不動産の悩みがある

専門家が無料対応

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク