中区・西区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

本牧 気まぐれ歴史散歩 【11】 根岸湾にあった3つの飛行場

間門交差点方面へ飛び立つ米軍飛行機 野村弘光氏撮影 当館蔵
間門交差点方面へ飛び立つ米軍飛行機 野村弘光氏撮影 当館蔵
 昭和初期から昭和30年代までに、根岸湾には3つの飛行場がありました。2つは昭和20年まで根岸湾を滑走路とした全幅40m程度の大型の水上飛行艇用のもので、その1つは現在の富岡総合公園あたりに、もう1つは現在の根岸のプールセンターあたりにありました。富岡は海軍用として、根岸は民間旅客用として使われていました。

 根岸から飛び立つ水上飛行艇は、第一次世界大戦後のパリ講和会議によって、ドイツの植民地から日本の委任統治領となった南太平洋と日本を結ぶものでした。昭和15年からわずか数年間のことでしたが、大きな水上飛行艇が本牧沖へと飛び立っていたことも、根岸からサイパン・パラオへ飛行機で行けたことも、今では想像できないことです。ちなみに運賃はうどん一杯10銭の時代に片道350円以上、現在だと150万円くらいでしょうか?

 残り1つの飛行場は、終戦後に米軍小型飛行機用のものとして、現在の間門交差点から根岸駅へと続く海沿いに作られました。こちらは終戦後に伊勢佐木町・若葉町が接収され造られていた米軍飛行場が根岸湾沿いに移転してきたものです。写真の飛行機の後ろに写っているのは根岸の尾根。根岸には今もこの写真の面影が残っています。

 さて、このコラムも根岸までまいりました。次回は「本牧」の範囲とはどこかという検証をしてみたいと思います。かつて横浜は本牧の一部に過ぎなかった!?というお話です。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)

中区・西区版のコラム最新6件

葛飾北斎作・富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」と本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 【10】

葛飾北斎作・富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」と本牧

4月19日号

『三溪園 重要文化財の建物が10件 これはとてもすごいことなのです!』

『小野光景 横濱で残した数々の功績』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【8】

『小野光景 横濱で残した数々の功績』

2月8日号

『八聖殿 実は希少な建造物』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【7】

『八聖殿 実は希少な建造物』

1月18日号

『ペリー艦隊と本牧』

本牧 気まぐれ歴史散歩 【6】

『ペリー艦隊と本牧』

12月14日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

12月7日号

5/19家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金属活字の歴史にふれる

横浜開港資料館

金属活字の歴史にふれる

横浜での普及知る資料も

4月27日~7月16日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク