中区・西区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

裏吉田町 「ノラねこ通り」に改称 知名度アップ狙う

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
新たに設置された看板。猫のイラストが隠れているロゴは、女子美大の学生がデザイン(右から佐藤会長、鈴木さん、吉田理事長)
新たに設置された看板。猫のイラストが隠れているロゴは、女子美大の学生がデザイン(右から佐藤会長、鈴木さん、吉田理事長)

 吉田町の裏通り「おいしんぼ横丁」がこのほど「吉田町ノラねこ通り」に改称され、新たな看板を設置、8月25日のビアガーデンイベントでお披露目された。新名称で知名度アップを狙い、町の魅力をアピールする。

 吉田町は関内駅からほど近く、イセザキ・モールと野毛の間に位置するエリア。営業する110店舗のうち約90店舗が飲食店で、「バーの街」としても知られている。

 改称したのはその裏通り。商店街会員から名前を募り、集まった30案の中から投票で「ノラねこ通り」に決定した。発案者である『ヨコハマアメリア』の店主、鈴木絵里子さんは「チェーン店ではなく自立して頑張っている個人経営の店主とノラねこのイメージが重なった」と説明。吉田町名店街会の吉田和正理事長は「裏横浜や裏元町のように『裏吉田町』を定着させたい」と意気込む。

 今回本通り以外の路地裏のお店をまとめる組織として新たに発足した「裏吉田会」の会長で、『バースカーフェイス』の店主である佐藤龍郎さんは「この辺りは個性的な店が多いのが特徴。新名称を広めてくことで、吉田町全体の知名度アップや活性化につなげていければ」と話し、実際に通りにノラ猫が生息することから「見かけたらラッキー。幸運の猫を探しに来て」と呼びかける。

猫モチーフの横浜土産も

 吉田町本通りのバー『バレルポッド』から発売された「みなとねこスイートポテト」も猫がモチーフ。店のロゴの黒猫と人気のスイートポテトカクテルをイメージした土産商品だが、たまたまノラねこ通りの改称と重なった。吉田町のバーが新しい横浜土産を発信することで「吉田町やバーの街横浜のPRにつなげたい」とマネージャーの倉本淳哉さん。同店とグランドキヨスク新横浜で販売中。
 

150mほどの裏通り
150mほどの裏通り
新横浜土産を手に倉本さん
新横浜土産を手に倉本さん

中区・西区版のトップニュース最新6

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月25日号

生活困窮者がリボン作成

中区寿町

生活困窮者がリボン作成 社会

コロナ禍、差別防止に一役

11月25日号

アートで街めぐり

初開催イベント

アートで街めぐり 文化

中区西区約80会場で実施

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

横浜でペコちゃん展

人形の家

横浜でペコちゃん展 文化

不二家創業の地で初開催

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込も減額調整

11月11日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook