中区・西区版 掲載号:2018年9月27日号
  • LINE
  • hatena

中区 認知症予防にDVD 脳トレ周知の役割に期待

社会

DVDに出演する清水さん(左)と丹羽さん(右)
DVDに出演する清水さん(左)と丹羽さん(右)
 認知症予防運動を広く周知しようと、中区はこのほど高齢者向けのDVDを製作した。区が養成している「脳トレリーダー」をはじめ、地域ケアプラザなどで活動する団体に配布する予定だ。ステップを踏むなど身体を動かしながら、しりとりや簡単な計算をするなど、複数人が楽しみながら一緒に取り組める内容となっている。

 このDVDは、近年注目を集めている高齢者の認知症予防運動「コグニサイズ」を紹介するもの。

 中区の高齢化率(65歳以上)は3月末現在で23・3%と市全体の24・1%より低いものの、麦田や本牧原、簑沢など地域別にみると市平均よりも高い。また2017年の中区の認知症高齢者数は約3900人なのに対し、25年はその1・6倍、40年には2・2倍に増加する推計となっており、認知症予防対策は喫緊の課題となっている。

 そこで中区は、高齢者が認知症予防運動に楽しく参加できるようにと、今回、初めてコグニサイズのDVDを製作することになった。

 内容は横浜YMCAが監修し100枚製作。約23万円の予算をあてた。区が認知症予防などを目的に養成している「脳トレリーダー」や、区内に11ある地域住民の自主的な活動グループ「元気づくりステーション」への配布を予定している。

 映像は約35分。DVDの内容説明をはじめ、横浜市歌にのせたストレッチ「ハマトレ」と筋力トレーニング、コグニサイズの4部門からなる。

 コグニサイズの部で出演した脳トレリーダーで本牧・根岸地区連合町内会長の丹羽博利さん(77)は「自分のペースで取りくめる。楽しみながらできる」とその魅力を説明する。もう1人の出演者で簑沢の元気づくりステーションメンバーの清水光枝さん(64)は「しりとりや計算を間違えても、笑いながら取り組んでいます」と話していた。

 担当する中区高齢・障害支援課ではこのDVDについて「ぜひ地域で活用してコグニサイズを実践してもらえれば」と期待している。

中区・西区版のトップニュース最新6件

現代アートの新拠点に

みなとみらい線新高島駅

現代アートの新拠点に

2月14日号

山元町に感震ブレーカー

藤棚商店街舞台に映画製作

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

法人化記念でコンサート

平沼高ダンス部が勇姿

高校サッカー選手権

平沼高ダンス部が勇姿

1月24日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸山ゴンザレス氏が講演

横浜JC

丸山ゴンザレス氏が講演

3月8日、午後7時から

3月8日~3月8日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク