中区・西区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

Jリーグ史上最年少での監督デビューを果たした シュタルフ 悠紀リヒャルトさん YSCC横浜監督 34歳

合言葉は「やってやろうぜ!」

 ○…ピッチ脇でタブレット端末を片手に、戦況を見守る。その姿だけで「新しいYSCCを見せてくれそう」とワクワク感が高まった。ガイナーレ鳥取とのJ3開幕戦、34歳と7カ月6日でJリーグ史上最年少での指揮官デビューを飾った。「関係あるのは年齢より経験。1歩ずつでは他の監督に一生追いつかないので、成長のスピードを高めていきたい」と語る。

 ○…5歳でドイツから日本に移住。本格的にサッカーを始めたのは小3から。高校進学を機に1年間、ドイツへサッカー留学も経験した。帰国後、中途で入れる育成年代のチームが中々ないなか、門戸を開いてくれたのが当時”街クラブ”だったYSCCだ。以来、17年ぶりの古巣への帰還。「こうした場を作って頂きありがたい。良いサッカーで恩返ししたい」と意気込む。

 ○…選手としてはスイス1部の古豪など11カ国でプレーしたが、トライアルも含めればそれ以上の国でボールを蹴ってきた。その根底にあるのは米国の入団テストで出会った、ドイツリーグで長年プレーしたベテラン選手が説いた「プロとしての指針」。「金を稼ぐのがプロ。稼げないなら世界を見てまわれ。引退後、それが金に変えられない財産になる」。当時24歳。選手としての今後を考えたとき、得意な語学を武器に「世界を見れるだけ見てやろう」と決意した。それからは居心地が良くても1年で次のチームへ迷わず移籍。短期契約のリーグも経験した。

 ○…「今年はやってやろうぜ!」。チーム始動日に選手に語りかけた言葉が、そのまま今季のスローガンとなった。「選手の置かれている環境は他クラブと比べても厳しい。何とか結果を出して、彼らの努力を報われるものにしたい」。青年指揮官の挑戦が始まった。

中区・西区版の人物風土記最新6件

永田 賢一郎さん

1周年を迎えたコミュニティスペース「藤棚デパートメント」の代表を務める

永田 賢一郎さん

5月16日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

5月1日号

高橋 長英さん

俳優で2005年まで行われていた「野毛大道芝居」で座長を務めた

高橋 長英さん

4月25日号

玉田 三輪子さん

元町に新事務所を開設した横浜シティガイド協会の会長を務める

玉田 三輪子さん

4月18日号

佐藤 政廣さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

佐藤 政廣さん

4月11日号

船本 由佳さん

創立1周年を迎えたライフデザインラボの所長を務める

船本 由佳さん

4月4日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

関内の路上で楽しもう

5月26日

関内の路上で楽しもう

フード&ハイカラフェスタ

5月26日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク